SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り

振り返り2018:中山11R-マーチS

しまった、あまり手を拡げないほうがよかった。本命の単勝のみが的中、的中したはいいのですがヒモが全滅に。

振り返り2018:中京11R-高松宮記念

短距離戦線の新旧交代を見たような気分になった高松宮記念でした。中心となっていた馬たちがある程度高齢馬と呼べるなかで5歳馬が二頭、馬券になっています。

振り返り2018:阪神11R-阪神大賞典

こんなはずでは…。本命のクリンチャーは三着死守が精一杯で、対抗と単穴の二頭がワンツーフィニッシュ。馬連タテ目で残念な結果に。

振り返り2018:中山11R-スプリングS

土曜日は結構冴えていたんですけどね…。日曜メインは東西で何とも今一つな結果に終わってしまいました。

振り返り2018:中山11R-フラワーC

日曜の結果が今一つだったので、先に土曜日の振り返りから。なんだか最近土曜のほうが成績がいいような…気のせい。

振り返り2018:中京11R-ファルコンS

日曜の結果が今一つだったので、先に土曜日の振り返りから。ここはうれしい的中となりました。惜しくも三連単は外したものの、予想した馬で一着から四着までを占める結果に。

振り返り2018:中山11R-中山牝馬S

正直前半61.3秒、うまくカワキタエンカのマイペースでお終いの脚を活かした差し・追い込み馬たちでもちょっとだけ届かなかった、その差が出たようなレースでした。

振り返り2018:阪神11R-ポラリスS

ちと、穴狙いが過ぎたかもしれません。▲評価のサトノファンタシーが勝ち切るレースも、他馬は残念着外に。

振り返り2018:阪神11R-フィリーズレビュー

レース直後のアクシデントでほぼほぼ終わってしまったパターンでした。パトロールビデオを見ましたが…、あれはスタートがうまくいかなかったってことでしょうがない。

振り返り2018:中京11R-金鯱賞

上手くいきませんでしたね…。評価を落とした方が勝ち切り、本命評価に据えたほうが連を外すというちぐはぐな結果。

振り返り2018:中山11R-オーシャンS

勝ったのは穴馬キングハート。これはちょっと狙えないなぁ、というレースでした。混戦過ぎて難しい、というときはあまり点数を増やさない方がいいんですねぇ。

振り返り2018:阪神11R-チューリップ賞

予想通りの◎⇒○⇒▲、ガチガチでも予想通りに的中できるとうれしいものです。

振り返り2018:中山11R-弥生賞

人気サイドでの決着とはいえ、三連単と三連複が一点で的中できたというのは大きな収穫です。

振り返り2018:阪神11R-仁川S

人気馬がワンツーフィニッシュで狙い通り堅い決着でした。特に、本命にした二番人気のナムラアラシがきっちり勝ち切った、という点が嬉しいですね。

振り返り2018:阪神11R-阪急杯

上手いこと逃げ切られましたね。引退の福島調教師の管理馬ダイアナヘイローが昨年の北九州記念依頼の重賞制覇。前走シルクロードSの大敗はいったい何だったのか?全く謎。

振り返り2018:中山11R-中山記念

前残りの展開にやられましたね。この日は東西共に展開が読み通りにならず、真逆の結果になってしまいました。

振り返り2018:京都11R-京都牝馬S

ワイドに救われました。オッズはかなり割れていたので△-△のワイドでもおさえておいてよかったです。トリガミだけど。

振り返り2018:東京11R-ダイヤモンドS

土曜東京メインはダイヤモンドS一番人気フェイムゲーム。強い競馬でした、いわゆる横綱相撲ってやつですね。

振り返り2018:小倉11R-小倉大賞典

二番人気と期待された▲ダノンメジャーは競争中止、大事なければいいのですが、心配しています。

振り返り2018:東京11R-フェブラリーS

いやあ、これはかなり負けましたね。テイエムジンソク。これに懲りず、また巻き返しを見たいです。今回は展開だけの問題だと思いますし。

振り返り2018:京都11R-洛陽S

まさかの本命シュウジが飛び、シュウジ一本被りしていた予想は残念な結果になった、と思っていたら、レースが終わる10秒前に思わぬ救世主が現れました。ありがとう、11番人気タガノブルグ。

振り返り2018:東京11R-共同通信杯

日曜の東西に月曜の東京もそうなんですが、一・二番人気の人気馬狙って外して、▲とか△が飛び込んでくるという残念なパターンが続く今週。

振り返り2018:京都11R-京都記念

人気二頭は二着三着、四歳勢四頭が四着までを占めるという結果に。レイデオロ、お釣りの残る仕上げだろうとは思いますがパドックでは絶好に見えましたけどね…、なんかいつもと違うレース運びに見えました。

振り返り2018:東京11R-クイーンC

なかなか荒れましたね。テトラドラクマとアルーシャを▲にチョイスしたのはいいのですが、フィニフティはチョイスできませんでした。

振り返り2018:京都11R-アルデバランS

今週唯一の的中がこのアルデバランS。ナムラアラシのおかげでいいレースが観れました。

振り返り2018:東京11R-東京新聞杯

前残りを想定していましたが、意外と前は残らなかった東京新聞杯。ある程度瞬発力が要求されたレースになりました。

振り返り2018:京都11R-きさらぎ賞

若さが出てしまった圧倒的一番人気のダノンマジェスティ、きさらぎ賞は一戦一勝馬が勝てないとされてきたレースでしたが、今年はちょっと違っていました。

振り返り2018:東京11R-白富士S

やっぱり休養明け初戦のプラチナムバレットは多少以前の迫力に欠けるところはありました。ただ最後の脚はやはり非凡なものを感じましたので、次走は変わってきそうな雰囲気を見せています。プラチナムバレットは次走に期待ですね。

振り返り2018:東京11R-根岸S

前残りを警戒していましたが、まったくそんなことはない、上がりの速い馬が上位を独占するといういつもの根岸Sでした。

振り返り2018:京都11R-シルクロードS

対抗の〇ファインニードルが勝ち切るも、他の予想馬が着外に沈み、残念な結果に終わりました。