読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる馬:エルプシャフト

広告

先にご紹介した二頭以上に気になっているのがPOG関係の愛馬「エルプシャフト」です。
前走、未勝利戦とはいえデビュー戦圧勝、馬券もユキノロードとの組み合わせで馬連、三連単を的中。本ブログで初の的中とゲンのいい馬です。

京都新聞杯に登録しています。

予想:予想:阪神4R-3歳未勝利 - SpecialなWeekを目指す競馬日記

振り返り:振り返り:阪神4R-3歳未勝利 - SpecialなWeekを目指す競馬日記

相手関係が強化されるのはどうなんだろう?

特別登録馬の状況だけで相手を見渡してみると…これが結構な強敵ぞろいですね。
筆頭はまず、毎日杯勝利のスマートオーディンですね。1800mにこだわって使い続けられてきた馬。松国先生のダービーはこの馬に掛かっているといえるんでしょうか。正直同馬はNHKマイルカップに出走してもいい勝負したんじゃないか、と個人的には思っています。毎日杯勝ちの(本質的には)中距離馬、という馬は府中1600mのNHKマイルカップで良績をおさめる事例がちょいちょいあります。府中1600mの大舞台には中距離馬の地力が必要とされる、というのは元騎手岡部さんの持論です。

二番手はブラックスピネルでしょうか?若駒Sはマカヒキの三着、OP実績は既に一着一回、二着二回と安定した走りを実績としています。重賞も1レース経験済みで四着と決して大きく負けていません。掲示板は確保、と大崩れないところがポイントです。

実績だけならユウチェンジも負けていません。朝日杯FSをリオンディーズの四着、UAEダービー三着と光っています。野路菊Sがロスカボスの三着と敗れているところがちょっとどうかな、と言うところはありますが(ロスカボスは青葉賞九着)この馬のレベルは高そうに見えます。

きさらぎ賞三着のロイカバードも一枚上手ですね。きさらぎ賞よりは福寿草特別を勝っている点がプラス要素です。福寿草特別から京都新聞杯を勝ったタスカータソルテやレーヴドリアン(京都新聞杯三着)なんかを思い出しますね。
福寿草特別と言えば99年はスリリングサンデーが勝ってトゥザヴィクトリー二着、三着が私の大好きなナリタトップロードでした。ナリタトップロードで勝負した私は馬券で悔しい思いをした記憶がよみがえります。
おっと、脱線しましたね。このように福寿草特別は京都新聞杯に侮れないリンクをします。ロイカバードはどんな走りをみせてくれるでしょうか。
後は近走パッとしませんが、マイネルラフレシアですね。父ジャングルポケットで東スポ杯二歳Sは三着と東京は強そうなので、ここは目一杯仕上げて権利を獲って、ダービーは自身の東京コース適正だけで戦う、なんてシナリオも思い浮かびます。

正直これだけの難敵揃いで一戦一勝馬の付け入るスキがあるか、と言われると正直ないと思います。

一勝馬が勝てるほどGⅡは甘くない?

一戦一勝馬、というのは人気することが多いのですが、大体のパターンでは飛んでる印象ですね。要するに過剰人気で馬券にならない(着外)のパターンが多い、ということです。特にブエナビスタの弟となるとなおさらに過剰人気するんじゃないでしょうか。
しかも一戦一勝の馬は二歳重賞でこそ勝ち鞍があるものの、この時期のダービートライアルで一戦一勝馬が重賞勝ち、ということは個人的に馬券を勝ったレースでは見たことありません。

それだけに、一戦一勝馬として出走する京都新聞杯は興味が湧いてきます。もしかしてもしかすると、二戦二勝馬の重賞馬としてダービー出走するブエナビスタの弟、ファンからするとしびれますね。

何せブエナビスタも一勝馬の身で阪神JFを圧勝しています。(二戦一勝)その妹のジョワドヴィーヴルに至っては一戦一勝馬の身で阪神JFを勝つという一勝馬ながらGIを勝つ血統です。弟が一戦一勝馬でGII京都新聞杯を勝ってもいいじゃないか、って思ってしまいます。現実が厳しいのは知っていますが、夢は見てしまうのがファンというものです。

ファンだから、常識を打ち破って、エルプシャフトに頑張って欲しい。

おっと、その前に、除外にならないか、ってとこでしたね。抽選通ってくれ。