読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

(1/2)今年のPOGはどうしようかな

気になるメモ

広告

いよいよ日本ダービーも終わり、POGの時期になってきました。以前まではダービーウィークから新馬デビューまでは多少の期間が空いたんですが、最近はダービーウィーク翌週からすぐ新馬戦が開始するという、POGファンにとっては忙しい展開ですね。

今年の指名馬で考えているのは、いまのところ16頭。
ここから10頭に絞らないといけないという何とも悩ましい…

指名の中心にいる良血馬

コロナシオン (牝2)
父キングカメハメハ 母ブエナビスタ 母父スペシャルウィーク
今年の一位指名ですね。母ブエナビスタは仲間内でのPOGで二位指名で獲っていました。あのころにはここまでの名馬になろうとは予想もつかなかったものです。初仔なのであまり期待をかけるのは酷かもしれませんが、初仔だからこそ温かく見守りたいということで。

スイーズドリームス (牡2)
父ディープインパクト 母スイープトウショウ 母父エンドスウィープ
今年も父ディープインパクトは走りますね。サンデーサイレンスの後継種牡馬はディープインパクト、というのはもう定着している定石なんでしょうか?ディープインパクトにイイ肌馬が集中しているように見えます。
ディープインパクト産駒をあまりとらないのですが1頭は入れておきたいところですね。母スイープトウショウは2005年宝塚記念と2006年京都大賞典が衝撃的でした。牡馬より牝馬が一枚落ちる時代に牡馬相手に勝ち切る女傑ぶりが印象に残っています。目立った活躍産駒は今のところいませんがあの常識はずれな末脚を受け継いだ産駒をいつか輩出しそうな期待を持っています。

父ローエングリンで三頭

ステレオグラム (牝2)
父ローエングリン 母ステレオタイプ 母父サンデーサイレンス
プリティプリンセスの2014 (牡2)
父ローエングリン 母プリティプリンセス 母父サンデーサイレンス
ペイドメルヴェイユ (牝2)
父ローエングリン 母ミスティックリバー 母父サンデーサイレンス

個人的な思い入れの強い父ローエングリンの産駒にはがんばってもらいたいので、個人的な注目です。基本的にマイナー血統に位置づけられますが、ロゴタイプの成功事例から考えると母父サンデーサイレンスの肌馬は要注目です。サンデーサイレンス産駒の名牝にはサンデーサイレンス系の種牡馬が付けられないのでキングカメハメハやシンボリクリスエスあたりが付けられることが多いですが、数少ない産駒から名馬を送り出してもらいたい、と願っています。
ロゴタイプの妹ステレオグラムには期待したいです。

母系への思い入れ馬

タイムキーパー (牡2)
父ヴァーミリアン 母スプリットザナイト 母父トニービン

スプリットザナイトは、昔「POGでいい馬いないか?」と聞かれたときに一生懸命探して推奨した一頭です。母サウンド、ハギノリアルキングの母ということもあって採用されたのですが、二戦目で競走中止、そのまま引退してしまいました。「キミの相馬眼もまだまだだな。」と言われたのを思い出します。
母としてはアドマイヤモナークを送り出して、母サウンド、兄ハギノリアルキングから受け継ぐ長距離系統の色を出してくれています。
ヴァーミリアンでダート色が強く見えますが、実はヴァーミリアン、二歳時は出世レースのラジオたんぱ杯を勝つ芝の有力馬、実はどっちも走れるのです。なぜ覚えているかと言うと、この二走がローゼンクロイツとセットでワンツー争いをしていたからなんですね。ヴァーミリアンの父がエルコンドルパサー、加えてスプリットザナイトの父がトニービンと、いかにも府中の舞台が似合いそうな血統です。

センターグランタスの2014 (牝2)
父メイショウサムソン 母センターグランタス 母父アグネスタキオン
デビューするかどうかが毎年五分五分なのですが、母センターグランタスは個人的に好きな馬センターライジングの半妹なのです。センターライジング自体は繁殖を引退してしまったような雰囲気で産駒はデビューしなくなってしまいましたが、妹の産駒はまだデビューしてくれています。決して期待をすることも名馬に化けるような万が一の可能性も正直感じられないほどのマイナー血統ですが、好きだった馬の子孫をひっそりと追いかけ続けるのも競馬の楽しみ方の一つです。

ローズカスケイド (牝2)
父シンボリクリスエス 母ローザミスティカ 母父アグネスタキオン
薔薇一族ですね。薔薇一族も一時期ほど産駒がデビューしなくなりましたが、以前はその勝ち上がり率や無事デビューした馬のほとんどが何勝かし、オープンレースでの活躍をする馬がいたものです。こういう堅実に何勝かしてくれる血統を含めておくのもPOGでは必要ですね。
サンデーレーシングの超良血ばかりを取りそろえたPOGはどうなの?って趣向の方には是非自分に縁の深いマイナー血統を探し出してお勧めしたいです。

ちょっと長くなったので、今日は16頭中八頭のご紹介まで。
明日に続きます。