読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる馬:エキストラエンド

気になるメモ

広告

今週はエキストラエンドがエプソムカップに出走します。
既に7歳の高齢馬ではありますが、ローエングリン産駒のロゴタイプが安田記念を制覇した余勢を駆って、ローエングリンの弟であるエキストラエンドの重賞制覇も期待したい、ところです。

以前の予想:

予想:中山11R-ダービー卿CT(日曜) - SpecialなWeekを目指す競馬日記

予想:京都11R-マイラーズC - SpecialなWeekを目指す競馬日記

以前の予想結果:

振り返り:中山11R-ダービー卿CT - SpecialなWeekを目指す競馬日記

振り返り:京都11R-マイラーズC - SpecialなWeekを目指す競馬日記

ここ二走では7着⇒9着と振るわない結果となっています。

ですが前走の読売マイラーズカップでは勝ち馬から0.6秒差、なお四着フィエロのタイムから0.2秒差、で四着から九着の間にいる六頭はこの0.2秒差の間で競っているという状態でのゴールです。
これは何を意味するかと言いますと、
安田記念であわやモーリスを差し切りそうになった三着フィエロと0.2秒差の差のない競馬ができる
ということですね。なお読売マイラーズカップではクビ差二着のダノンシャークが本番の安田記念では七着です。とはいえモーリスとのタイム差はわずかに0.2秒差。
近走の着順がパッとしないといっても、タイムや着差から考えるとそれほど悲観するような内容ではない、というのが今のエキストラエンドです。

最近年のせいかちょっとズブくなってきたんじゃないか?と陣営が考えた、と言う可能性はありますね。
3年前の毎日王冠以来、ずっとマイル戦を使ってきましたが、ここらでちょっと一ハロン延ばしたレースを試してみる、というところで新しい見どころがあるかもしれません。
距離適性としては条件戦やクラシックシーズンはそもそも中距離戦のレースを中心に使われてきたローテーションから考えても、決して中距離を走れないわけではないので最近マイルしか走っていないからといって、純粋にマイラーとして一ハロン延びるレースはどうか?という考え方は早計かもしれませんね。
どちらかというと、1600mの道中で気が抜くところがないマイル戦よりも、いったん道中でペースが落ち着く1800m~2000mの中距離戦のほうがズブくなった高齢馬にとっては走りやすいかもしれません。
東京コースも東京新聞杯で二回の二着や準オープンのレース連勝したり、相性は悪くはありません。
メンバーが多少落ちるエプソムカップは狙えるかもしれませんね。

…っと、
よく見たら「ルージュバック」が登録している。
切れ味勝負になると、ちょっと分が悪いかもしれませんね。