読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

POG注目の配合=父ディープインパクト

競馬雑学

広告

ディープインパクト産駒はもはやPOGで外せない存在になってきましたね。
サンデーサイレンス後継種牡馬として注目の存在の一番手はこのディープインパクトなんじゃないでしょうか。

ディープインパクトの代表産駒

今更語る必要もないほどに有名なディープインパクト。競馬を知らない人でもディープインパクトを聞いたことがある人はいますね。
凱旋門賞はちょっとミソついちゃった感じですが、いまでも日本競馬界に燦然と輝く日本最強の代表格である馬です。オグリキャップやハイセイコーのようにアイドルホースとして一般知名度も高い人気を博した馬は種牡馬として大成しなかったのですが、ディープインパクトは人気も実力も兼ね備えたスーパーホースとして現在も日本競馬界で光っています。

そんなディープインパクトの代表産駒はジェンティルドンナやショウナンパンドラと、牝馬に活躍馬が多いイメージです。しかも牡馬と互角以上に戦う女傑牝馬です。
従来の日本馬が凱旋門賞挑戦するも海外のレベルに跳ね返されてきた歴史を、日本馬でも凱旋門賞で五分に戦える、という海外挑戦の扉を開いた存在であるディープインパクトの代表産駒がジャパンカップを制覇する女傑二頭というのが何とも運命的なものを感じますね。
牡馬だとキズナやトーセンラーあたりが有力馬ですね。そういえば今年のダービー馬マカヒキもディープインパクト産駒でした。凱旋門賞頑張って欲しいですね。

ディープインパクト産駒の意外な点

個人的に意外に思っているのが、
「ディープインパクト産駒は母父がダート馬が多い」
というのがあります。
ジェンティルドンナの母父Bertoliniはちょっと知らない馬なのですが、ショウナンパンドラやマカヒキの母父はダートで有名なフレンチデピュティです。
ラストインパクトの母父はティンバーカントリーで、トーセンラーやスピルバーグの母父リシウスは父にミスタープロスペクターとアメリカを代表するダート血統です。※一応ですが、ミスタープロスペクター直仔で欧州の芝で活躍したヘクタープロテクターもダートの成績が良いことから考えてミスタープロスペクター系はダート向きと考えています。いろいろな見方がありますのでここは判断が分かれるところとは思いますが。
母父ストームキャット産駒も優秀な産駒が多いですね。キズナ、ラキシス、リアルスティール、エイシンヒカリ、と活躍馬が多い傾向がありますね。
ストームキャットも日本ではダートで活躍馬が多いイメージです。芝も活躍馬はいますが。ストームバードよりはその仔ストームキャットの産駒の方が日本の競馬で走っているイメージです。

バリバリの芝馬、と来ればトニービンやその仔ジャングルポケットなどが思い浮かびますがその代表格であるエアグルーヴの産駒でもグルヴェイグくらいの活躍馬に留まっていますし母父トニービンではサトノノブレスくらいしか活躍馬が思い浮かびません。意外とバリバリの芝馬が母父になるとディープインパクト産駒は超が付く一流馬に成長しないような傾向が強いですね。私の好きな母カーリングも芝馬と言えますが、その産駒はリベルタスという渋い活躍馬に留まっています。

ディープインパクト産駒は「スピードが強調されたアメリカ血統」というのがイイみたいですね。※一部例外アリ
また、母父がダート馬だからといってダート馬に成長するわけではなく、ショウナンパンドラやマカヒキのように芝で大化けする産駒は輩出される、ということも言えそうです。

今後もディープインパクト産駒は要注目ですね。