読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

POG注目の配合=ステイゴールド×メジロマックイーン

競馬雑学

広告

以前に「POG注目の配合=母父サンデーサイレンス」という記事でローエングリン贔屓の記事を書きましたが、母父に注目、といえば
「父ステイゴールド×母父メジロマックイーン」
ですね。

ステイゴールド産駒も今年を入れればあと二世代、来年のPOGがラストクロップとなります。

ステイゴールド産駒と言えば…

ドリームジャーニーに始まり、オルフェ―ヴル、ゴールドシップ、とステイゴールドと言えば母父メジロマックイーン、というくらいの定番配合となりました。
私の応援していたエイダイクインがステイゴールド産駒を輩出していないのはちょっときになるところですが。

フェノーメノやナカヤマナイトの活躍で新しい一面も見せてくれていますが、やっぱりステイゴールド産駒と言えば母父がメジロマックイーンです。前出の三頭はちょっと桁違いの活躍ですね。
このように、特定の組み合わせがやけに合う、という種牡馬と母父の組み合わせ、と言うのは存在するものですね。だからといって全妹のレクレドールにメジロマックイーンを種付けするといいのか?と考えると必ずしもそうじゃない、というところが血統の難しくも面白い所です、
※とはいえ、ホクトスルタンという馬をJRA-VANのMy注目馬に登録してデビューから追いかけていましたが、この馬は父メジロマックイーン×母父サンデーサイレンス(※母ダイイチアピール)なんですね。最終的に目黒記念を勝ちオープンの長い所を息長く好走し続けていました。なのでレクレドールにメジロマックイーンを配合してももしかすると名馬が誕生した可能性は無きにしも非ず、です。

筋金入りの気性難

そもそもステイゴールドの母がサッカーボーイの妹ゴールデンサッシュ、ということもあって、ただでさえ気性難が多いサンデーサイレンス産駒が輪を掛けて気性難という気性難の二乗がステイゴールド、といえます。デビュー戦で伊達に逸走してタイムオーバーになっちゃいません。
オルフェ―ヴルも阪神大賞典でトンデモないレースをしてしまって、気性の悪さを発揮していたこともありますね。
この気性難×気性難=ステイゴールドに合った配合は気性の良いメジロマックイーンがベストだった、というのはある意味運命めいたものも感じます。気性難には気性の良いメジロマックイーン、ということですね。とすると、サクラユタカオーのような従順なタイプが現役であればメジロマックイーン以外の新たな成功血統、というのも隠されていたのかもしれません。今となってはそれを確かめることはできなくなりましたが。

次代オルフェ―ヴルへ

ステイゴールドからその血を受け継いだ名馬三頭のうち、特にオルフェ―ヴルはかなりの期待を背負っているんじゃないでしょうか、と勝手に思っています。何しろディープインパクト以来の本気で凱旋門賞が狙える馬、という評価でした。種牡馬としても大成功してサンデーサイレンスの後継種牡馬と目されているディープインパクト並みの成功を期待されている、と言っても過言じゃありません。
オルフェ―ヴル自体もステイゴールドのような気性難の気があったので、オルフェ―ヴルの配合には注目ですね。母父が"気性がおとなしい"種牡馬、これはちょっとしたキーワードとして覚えておくとマイナー血統からビックな名馬の誕生に立ち会えるかもしれません。

ここまで書いておいてなんなんですが、私はオルフェ―ヴルよりドリームジャーニーの方が好きです。