読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

競馬雑学:ソラを使う、って何?

広告

ちょっと知ってるだけで玄人っぽい会話ができるようになる雑学。
今日は「ソラを使う」というのはどういう状態か、を書いてみます。

意味は

馬がやる気走る気をなくして、フワワ~と力が抜ける状態を「ソラを使う」といいます。
馬は本来集団で走る動物なので、単騎(一頭だけ)になると周囲に仲間が居ないことによって走るのを止めてしまう、という状態とも言えます。
主に馬群に入れないとしっかり走らない馬が、一着でゴールするためにゴール前抜け出したところで、一頭だけになると走る気をなくしてしまう、と言う現象に対して
「あ、あの馬、ソラを使った」
といいます。また走る気をなくすということは、せっかくの末脚が鈍化することになるため、さらに後ろから強烈に追い込んでくる馬に差されることが多いです。これを
「ソラを使ったから、後ろから差された。」
と表現します。
仕掛けが速いと実力馬はそれだけ馬群から抜け出すのが早いということになりますから、ソラを使う癖がある馬が早め仕掛け=早め抜け出しをすることで、気を抜いてしまうタイミングが早いということになります。気を抜いてしまえば当然、後ろからより強烈な末脚で追い込んでくる馬に差されてしまう、ということを意味します。

実力馬でもゴールまで全力で走らなければ負けてしまうのはやむを得ません。

有名馬でソラを使う癖

私が知っているなかで有名なのはマーベラスサンデーです。以前もちらっと書きましたね。

マーベラスサンデーの思い出 - SpecialなWeekを目指す競馬日記

この馬は確実にソラを使う馬なので、早め抜け出しでは後ろから差されてしまうという弱点があり、鞍上の武豊JKはこれを計算して抜け出した後でソラを使う前にゴールを通過するように計算して追い出しを掛けていたはずです。

同じような癖が見て取れたのがシンハライトです。この馬も抜け出して一頭になるとソラを使うところがあるようです。
今年の桜花賞(でソラを使ったかどうかは定かではありませんが)抜け出してゴール前に後ろから来たジュエラーに2cmだけ差されてしまいました。
今年のオークスは追い出しを十分に待って、馬場の中央から抜け出して差し切ったところがゴールでした。

ソラを使う癖が分かっているからと言って馬券の検討に役に立つ、という直結はしません。(たぶん)
例えば、武豊大先生の騎乗技術がいかにスゴイか、ということを知るために、ソラを使う癖のある馬に騎乗した武豊大先生の仕掛けどころに注目してみると、違った世界が見えると思います。実際、何頭か見ていますが、武豊大先生の仕掛けどころはここしかない、と言うくらい計算されつくした位置からの仕掛けです。ソラを使う癖を計算したうえで騎乗馬が前を差し切るための"早くなく遅くもない"仕掛けどころでGoサインを馬に送っているのが見て取れます。

大先生はやはり不世出の天才ジョッキーです。
あ、あと圧倒的な一番人気を馬群に閉じ込めるようにブロックする技術もえげつない(笑)。