読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

競馬雑学:逃げ馬のレース振りを表現する用語

競馬雑学

広告

ちょっと知ってるだけで玄人っぽい会話ができるようになる雑学。
今日は逃げ馬用語をいくつかご紹介しまする。
使い方の一例ですので、用語によっては逃げ馬に限らず使う場合もあります。

息を入れるor一息入れる

レース途中(道中)でいったん走るペースを落とし、楽に走ることによって最後の上がり三ハロンでスパートするための体力を温存することを、
「息を入れる」とか「一息入れる」といいます。
だいたい四コーナーあるコースだと向上面に入ったところで息を入れることが多いですね。これが単騎逃げだと息を入れるのはそれほど苦労しないのですが、競り掛かってくる馬がいると息を入れることができなくてペースが上がる(速くなる)ことが多いです。
武豊JKの溜め逃げはうまく息を入れていることが多いです。
ちなみに引退しちゃいましたが藤田伸二JK。
差し追い込みで活躍する有名馬(フサイチコンコルド、スターマン、シルクジャスティス、アサクサデンエンなど)に多く騎乗していた関係から、得意なのは後方から追うイメージなのですが、逃げ馬に騎乗して道中で息を入れるのが上手かったイメージです。
個人的には村田一誠JKも結構上手いと思います。

行ったままor行った行った

レース展開が前を走る馬に最適なペース・展開になることで、差し馬&追い込み馬はもう出番がない絶望的な状況。こうなると逃げ馬が逃げ切るか、逃げる逃げ馬を有力な先行馬が抜き去るか、というレース展開になることが多く、一番人気だろうが単勝1.1倍だろうが、後方待機の馬の馬券を持っていたら最後の直線で絶望を味わうことになります。

前に行っていればよい、という単純な展開で、駆け引きも何もないじゃないか!と言いたくなるレース展開なのですが、実は前を走っている馬同士騎手同士では駆け引きが展開されているが、ハズレ馬券がほぼ確定の後方待機組の馬券を持っていると「行った行ったじゃないかー!」と言いたくもなる、そんなセリフです。

個人的にはダートの平場で浜中JKがグリグリの人気馬に乗ると"行った行った"で堅く決まることが多いイメージがあります。そういう時に限って穴馬狙いで買っていたりするのですが。

手ごたえが怪しい

逃げ馬に限りませんが、逃げ馬で使うことが多いです。
四コーナー回って最後の直線、というところで、二段ロケット(二枚腰)でスパート掛けなきゃ追いつかれるのに!、って思っているレースがあるとして、その逃げ馬がちっともスパートをかける様子がなく、減速しそうなとき「手ごたえが怪しい」と言う使い方をします。
で、次の「一杯」に繋がります。

一杯

ゴール前、特に四コーナー回ったところぐらいから逃げ馬がスパートするどころか後ろにズルズル下がり始めたら
「ああ、もう一杯だね。」
走りが厳しかったのか最後の直線前か最後の直線で体力を使い果たしてしまい脚が伸びないときには「一杯」と表現します。
よく人間でも余力がなければ「もう、一杯一杯…」って言いますが、これと同じです。

冷静に「もう一杯だね。」とか言いながら心の中では"何とか粘ってくれ"と願っている自分もいます。

馬なり

馬が走る気持ちに委任して騎手は特に何も御することをしない状態で、よくレース後コメントに「馬が行きたがっていたので道中は馬なりで」というのがあります。
馬の走るに任せてレースを進めることで、逃げ馬がマイペースで走るときに馬なりで走らせることが多いのですが、性格が真面目な馬だと力んでオーバーペースになることもあるようです。
馬の性格によっても良し悪しがあるんですね。

折り合い

馬と騎手の呼吸が合致していて、気分よく馬が走っている状態を「折り合いがついている」といいます。
前の「馬なり」を騎手がよしとせず抑えたり行くように促したりして、馬が拒否すると、騎手と馬の想定ペースが食い違って「折り合いを欠く」という状態になることになります。
折り合いがついていない状態だと、スピードやスタミナをロスすることが多いので、よくないとされています。
レースを見ていると、よくいますよね。騎手が立ち上がって手綱を引いているのに、口を開けて暴走ペースでスピードを上げている馬が。
もしこれが本命馬なら、「折り合い欠いているな。」と言いながら、頭の中では「オイオイこのレース本命なんですけど…。」とヒヤヒヤしながらレースを観戦することになります。

折り合いを欠いた、最たる例は2012年の第60回阪神大賞典のオルフェ―ヴルの騎乗が一番わかりやすくいい例ですね。

逃げ馬の馬券を買って、これらの単語がレース中に使えれば、もう玄人っぽい会話が出来ています。