読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:中山11R-セントライト記念

広告

ここは堅い…。皐月賞馬もいますし、人気馬は春の実力馬が中心、と来れば正直人気どころを中心に買うしかない、というのが本音です。無理やり穴馬を探してみました。

予想:

◎10番:ゼーヴィント
○4番:ディーマジェスティ
▲5番:マウントロブソン
△1番:メートルダール
△9番:プロディガルサン
△8番:ケンホファヴァルト

馬券は:

単勝:10番:ゼーヴィント
複勝:8番:ケンホファヴァルト
馬連:4-10、5-10、1-10、9-10、4-5、1-4、4-9
ワイド:8-10、4-8、5-8
三連複:ボックス
  1、4、5、8、9、10
三連単:10-4-5、10-4-1、10-4-9、10-4-8

考えたこと:

本命はゼーヴィントで狙っていこうと思います。現在二番人気。
プリンシパルSを三着したところでダービーは諦めざるをえなくなりいわゆる残念ダービーの一つラジオNIKKEI賞で勝利したのがゼーヴィントです。夏を越してどれくらい成長したかが楽しみなレースになりそうですね。相手関係はラジオNIKKEI賞からいきなり強力メンバーになりますが鞍上は現在絶好調ですしこのレースも中心の一頭と考えています。
対抗はディーマジェスティです。皐月賞馬です。当然現在一番人気。
この馬は関東のトライアルなら外せないところがあります。何しろ皐月賞でマカヒキを破った馬ですから実力は認めています。ただ、菊花賞を狙った仕上げをしていればこのレースは二着で目一杯仕上げている(菊花賞は度外視している)馬が勝ち馬になる、と言うパターンもありそうなところです。ここは二着とみて対抗の評価にしておきます。とはいえメンバー中で実力トップは間違いないので馬券としてはアタマにした方がいいような気もしていますが。
三番手はマウントロブソンにしました。この予想堅いですね。現在三番人気。
スプリングSまではほぼ完璧と思える結果を残してきましたが皐月賞とダービーは不完全燃焼なレースになってしまいました。休養明けのここはどうなることか要注目なところがあります。GIはちょっと度外視したとしてスプリングSまでのようにトライアルまでは確実に走ってくる、という見方も出来ないことは無い、と踏んで評価は三番手評価にしました。
連下~三着扱いとして絞り切れませんでした。三頭おさえます。
メートルダールは京成杯が上がり33.9秒で追い込んで三着、共同通信杯はディーマジェスティと0.3秒差の三着と連続三着、見どころあります。青葉賞でちょっと落ちて五着、次走の白百合Sはブラックスピネルに0.0秒差の差がない二着、今回は休養明けですが権利取りはしてくるように見えます。三着はありそうな雰囲気がありますのでおさえておこうかと思います。
プロディガルサンは春は青葉賞スタートでダービー出走まではできたのですが10着と大敗、ただ着差はマカヒキから0.9秒差なので1秒以内には収まっているところが見どころありです。二歳時には東京スポーツ杯二歳Sでスマートオーディンに0.2秒差の二着に入るように素質は感じられる馬なのでここも権利取りくらいはあり得そうな雰囲気があります。
ケンホファヴァルトは多少無茶な穴狙いです。現在12番人気ですし、前々走で500万下を勝ったばかりの1000万条件の馬、というだけの話ですが、ちょっと無理やりにでも穴馬を探してここに決めました。重賞を走ったこともありますが全く結果は出ていません。ただ三着に入った500万条件戦で勝ったレインボーフラッグという馬と0.0秒差と全く差のない競馬をしています。このレインボーフラッグと言う馬が、どんな物差しになるかと言うと、毎日杯でスマートオーディンに0.4秒差の四着に入っていたり若駒Sではマカヒキに0.6秒差の五着に入線しています。レインボーフラッグも500万条件を勝利したのは結局は五月なのですがこの辺の一線級となかなかの勝負をしてきたことを考えるとこのレインボーフラッグとタイムさ0.0秒差というのは穴馬としていけそうな気もしています。しかもマイル戦中心で使われてきて結果が出なかったところに1800mと2000m戦使いだして突然結果が出始めている、といういま伸び盛りともとれる状態です。ここで一発あるんじゃないというのも視野に入れて狙ってみます。