読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:阪神11R-神戸新聞杯

広告

サトノダイヤモンド抜きでは語れないレースになりそうです。すべての馬券はサトノダイヤモンドのアタマで。

予想:

◎14番:サトノダイヤモンド
○8番:ナムラシングン
▲12番:レッドエルディスト
△7番:エアスピネル
△15番:ミッキーロケット
△5番:カフジプリンス

馬券は:

単勝:14番:サトノダイヤモンド
馬単:14-8、14-12、14-7、14-15、14-5
ワイド:8-12、7-8、8-15、5-8
三連複:
  8、14流し:相手=12、7、15、5
  12、14流し:相手=8、7、15、5
三連単:
  14-8-12、14-8-7、14-8-15、14-8-5
  14-12-8、14-12-7、14-12-15、14-12-5

考えたこと:

サトノダイヤモンド一本被りでの予想馬券です。
単勝1.3倍の一番人気、春に後塵を拝した二頭が居ないここで負けるわけにはいきません。休み明けでも大楽勝を期待しています。
正直メンバー中にこの馬に勝てそうな馬は見当たりません。当然の本命です。

対抗はナムラシングンにしました。春の有力馬の中でちょっと変わったローテになりました。皐月賞後ダービーは出走せず休養して夏の小倉で古馬と一緒に1000万下条件戦を走る、若葉Sで見せたマッチレースの力を見せつけて二着に0.4秒差を付けて圧勝、と古馬相手に圧勝した久々の前走から二走目で良化、問題はいままで2000m前後で使ってきたので400m延びる神戸新聞杯がどうか、という点だけが気になるポイントです。もしもの一発があるとしたらこのナムラシングンではないかと思います。

レッドエルディストは他の春の有力馬と同様に休養明け初戦となります。青葉賞二着が光っていますが、ダービーもマカヒキに0.8秒差なので悪くはありません。しかもかなりの後方で追い込んで九着というところなのでレース展開次第ではイイ走りをできそうな気配はあります。

ここから連下~三着扱いの馬です。

エアスピネルは実力がありの評判馬ながらもう一歩が不足した気配があります。ここも好走する可能性は高いのは否定できないのですが、正直言って例年出てくる菊花賞まではクラシックの中長距離路線のローテだったけど終わったらマイル路線、という馬に見えて仕方ないっす。ここも好走するとはいえサトノダイヤモンドを崩せるほどではない、と見て連下/三着扱いです。
ミッキーロケットは使っている強みで選びました。函館で二戦一勝二着一回、札幌は1000万下のHTB賞を勝利、と一勝馬ながらスプリングSで五着という実績を古馬相手でも見せつける結果となりました。好走しているのと夏使って順調に来ている強みが休養明けの他馬にはないポイントで休養明けの有力馬を負かすならこういう馬だろう、と思っています。
同じ同期でカフジプリンスもおさえておきたい一頭です。この馬も古馬相手の条件戦を走った後で札幌のオープン特別である丹頂Sに出走し、勝ち馬から0.8秒差の六着と好走しています。ミッキーロケットとは違って古馬のオープン特別でそれなりの走りを見せている、という点がポイントですね。悪くないと思います。