読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:京都11R-京都大賞典

広告

京都の開幕週は前が止まらない…、予想もあまりうまいこといきません。
堅いのであんまり手を広げられません。

予想:

◎10番:ラブリーデイ
○1番:キタサンブラック
▲8番:サウンズオブアース
△6番:ヤマカツライデン
△2番:ファタモルガーナ

馬券は:

単勝:10番:ラブリーデイ
馬連:1-10、8-10、1-8
馬単:10-1
ワイド:2-10、1-2、2-8
三連複:
  1、10流し:8、6、2、
三連単:10-1-8、10-1-6、10-1-2

考えたこと:

本命はラブリーデイです。去年の覇者。お見事な昨年の宝塚記念と天皇賞秋勝利のように2000mくらいで勝負する馬でJC三着のようにちょっと長い、という感じはしますが、京都大賞典は別、と考えてよさそうです。高速馬場の京都なら2400mもなんとかなる、と言う馬ですね。メンバーから言っても実績上位ですし二番人気ということで頭で狙うとよさそうに思えます。

対抗は当然のキタサンブラックです。
抜群の安定感で大崩れすることが全然ありません。ここも相手関係から考えて大崩れは考えられず、この馬なりに力を発揮してくれると思います。逃げるか控えるかが気になるところですね。ハナに主張してくる馬が何頭か心当たりがありますから前があまり早くならないように乗ってもらいたいものです。いや武豊大先生なら大丈夫か。

と、ここまでがド本命なので抑えくらいは穴目に行きたいところなのですが、キツイデス。三番手はサウンズオブアース。現在三番人気です。昨年の日経賞と有馬記念でゴールドアクターに0.0秒差と0.1秒差二着、一昨年の菊花賞でも勝ったトーホウジャッカルに0.1秒差の二着とGI級の実力を見せながらもあと一歩が足りないサウンズオブアース。銀メダルが良く似合つつあります。昨年の京都大賞典もラブリーデイの二着、ここでは好走の期待が持てます。

連下~三着扱いで、底が見えていないヤマカツライデンをおさえてみます。
一時期ダートを使っていましたが、芝に転戦してからというもの連対率100%で一気に条件馬がオープンに駆け上りました。前走丹頂Sも逃げて押し切り勝ち、今回もハナに行きそうです。同型としてタマモベストプレイやキタサンブラックなんかもいますのでどれくらい前が早くなるかは注目ですね。まだ古馬の一級戦とは未対戦なので一応おさえたいところです。
同じくおさえでファタモルガーナを抑えます。ステイヤーの気があり、目黒記念三着、ダイヤモンドS三着と一レース置き二長距離で三着に入っています。ここは京都大賞典もその周期で三着あるかもしれませんね、ってことで三着のおさえです。