読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:新潟11R-信越S

広告

混戦に思えます。近走の成績がよい馬を中心に選んでみました。

予想:

◎12番:ベルルミエール
○4番:トウショウドラフタ
▲3番:ウインガニオン
△13番:ペイシャフェリス

馬券は:

単勝:12番:ベルルミエール
単勝:4番:トウショウドラフタ
馬連:4-12、3-12、12-13、3-4、4-13、3-13
ワイド:4-12、3-12、12-13
三連複:ボックス
   3、4、12、13
三連単:12-4-3、12-4-13、4-12-3、4-12-13

考えたこと:

結構混戦です。予想で選んだ四頭の他でもオデュッセウス、スマートオリオン、キャンディバローズ、メイショウライナー辺りは気になるところです。
走りそうなところを選んで四頭予想しました。主に人気がある馬で近走が安定している馬を四頭選択してボックス買いのような感じです。
ベルルミエールは近走のうち前走/前々走の二走が連続して五着、勝ち馬との差はいずれも0.4秒差、その前も12着と大敗に見えますが勝ち馬との差は0.7秒差と着差ほど離されていません。その前は同じ0.7秒差で六着とまずまずの走りです。大敗した安土城Sは馬体重+10キロと大きく増えているところが響いたのかな、という感じもしますね。

対抗は言わずと知れたトウショウドラフタ、ここしばらくは何度も本命対抗にしている馬です。近走は着順だけ見るとパッとしませんが着差はNHKマイルCが勝ったメジャーエンブレムと0.3秒差、前走の京成杯AHも0.6秒差の六着と悪くはありません。
そもそもですね。トウショウドラフタ、1400mスペシャリスト説を以前の予想の時にちらっと話したことがありますが、近三走はマイル戦、1600mのレースになりますのでパッとしなかったと言う可能性もあります。実際1400m戦を中心に使ってきた今年の春までは成績が安定そのものでしたから。
ただ展開に注文がつくタイプだと思われますので、好きな馬なんですが全幅の信頼を寄せられないところが悲しいところです。

三番手評価はウインガニオン。前走新潟日報賞では軽視したためにやられてしまいました。前走で条件戦特別レースを三連勝しましたので晴れてオープン入りです。夏の上がり馬と言えるかもしれません。現在二番人気で本命党も気になるところですね。
ハナを切って上がり三ハロン34.1秒でまとめた前走は強かったといえそう、オープンでも通用しそうなレース振りでした。重賞を避けてオープンでいったん現級慣れ、というのも好感触です。

おさえでペイシャフェリス。
前走の京成杯AHは七着ですが0.6秒差とそれほど大きく負けていません。元々準オープンクラスの馬で格上挑戦で1400mの朱鷺Sを勝利する、という馬。現在五番人気。前走はマイル戦でしたらから前々走の1400m線に舞台が戻れば新しい面が見えるかもしれません。