読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-清水S

広告

土曜京都メインレースは馬連が的中、その他はハズレ。
本命と対抗が予想と逆に一着二着だったのもさることながら、やはり三着を的中できないと私の買い方では勝ちといえない馬券の買い方をしています。

予想の結果:

1着:○6番:ムーンクレスト
2着:◎5番:ルグランフリソン
 …
5着:△1番:ボンジュールココロ
6着:△2番:カバーストーリー
7着:▲3番:ノガロ
8着:△4番:ライブリシュネル

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:5番:ルグランフリソン=ハズレ
馬連:5-6=アタリ!
   3-5、3-6=ハズレ
ワイド:1-5、2-5、4-5、1-6、2-6、4-6=ハズレ
三連複:3-5-6=ハズレ
三連複:二頭軸流し
  5-6流し:1、2、3、4、=ハズレ
  3-5流し:1、2、4=ハズレ
  3-6流し:1、2、4=ハズレ
三連単:5-6-3、6-5-3、5-6-2、5-6-1、5-6-4、5-3-2、5-3-1、5-3-4=ハズレ

振り返って

ポンと芦毛のティーエスネオが飛び出してハナに行きます。
この先頭集団に三頭居て三番手には本命のルグランフリソンが位置取るスタート直後。
一馬身ほど空いて対抗のムーンクレスト、ライブリシュネル、ノガロが続いています。後方集団にはボンジュールココロ、…うわっ、カバーストーリーは置いてかれたのか結構離されて最後方待機です。
そのうちに三コーナーから坂を下るところでルグランフリソンが二番手に進出、四コーナーを回って二番手のルグランフリソンがティーエスネオを射程圏内に捉えたな、と思える良い手応えじゃないっすか。期待が膨らみます。
最後の直線に入ってから、そのルグランフリソンに外から馬体を併せてくるムーンクレスト、よっしゃ、そのまま二頭でゴールイン、よろしく頼むよ。

…と思ったら、ムーンクレストは並ぶ間もなくルグランフリソンを差し切り先頭に立ちます。なんと、ここで既に本命対抗が逆だったことを悟ります。なにせ脚色が違う。
後方集団からボンジュールココロが追い込んできており、三着があり得るとしたらこの馬しかいないようです、あとの馬はティーエスネオやイン抜けしてきたワードイズボンドを差し切れそうな脚色ではないように見えます。
ボンジュールココロ、頼みます…その願いもむなしく、あと一完歩届かなかったボンジュールココロ。インで粘ったティーエスネオとワードイズボンドの三着争いになりました。あーそうなのか。
人気サイドで馬連のみの的中になってしまいました。先週から三頭的中させるのが何だか難しくなっているように感じます。

一着二着は予想通りでした。
で、三着四着には予想外の馬が来ました。
そして五着以降の八着までは予想した馬が占めました。

うーん。なんか悪くないように感じますが、三着四着が抜けているのでよい予想でもなかったようです。

馬連しか当たらなかった。
とはいえ馬連5-6は1460円マズマズの配当です。