読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:京都11R-菊花賞

広告

サトノダイヤモンドは間違いがない。間違いない本命を軸にして以下にヒモ穴を狙っていくかがポイントとなりそうなレースですね。

予想:

◎3番:サトノダイヤモンド
○13番:エアスピネル
▲6番:ディーマジェスティ
△11番:レインボーライン
△10番:ウムブルフ

馬券は:

単勝:3番:サトノダイヤモンド
馬連:3-13、3-6
ワイド:3-11、3-10、11-13、10-13
三連複:3-6-13、3-11-13、3-10-13、3-6-11、3-6-10
三連単:3-13-6、3-13-11、3-13-10、3-6-11、3-6-10

考えたこと:

サトノダイヤモンドはまず間違いないだろう、という芯に穴馬をヒモ穴狙いで馬券を考えてみました。

サトノダイヤモンドは春のクラシックはほぼ完璧な競馬だったのですが、残念ながらもう一つGIの届かなかった、という馬。レベルは世代トップといってもいい能力を有しています。是非ともケガなく走り切って欲しいです。結果は後からついてくると思う。
対抗は迷ったけど善戦マンのエアスピネルにしました。あまりパッとしなかった前走、これで人気を落としていて現在6番人気です。これは狙いどころかもしれません。実力があるのは分かっているので、人気を落としているここはよさそうに見えます。
三番手はディーマジェスティ、二番人気ですが、おさえざるを得ないところはあります。ただ、勝ち切るかと言われると個人的には疑問があります。連下までというところで三番手評価に留めました。
穴狙いで二頭、レインボーラインとウムブルフです。
レインボーラインは長いところ向きなのか?という点は多少疑問もあるのですが、前走の札幌記念は古馬相手で後方集団から追い込んで三着とかなり好走といっていい内容です。このレースが優秀だったので侮れない、として連下のおさえにしました。
ウムブルフは菊花賞の傾向として長距離向きの馬が一頭は絡むだろう、という予想のもと、長距離向きの馬で一番パッとした馬として連下におさえました。前走が札幌日刊スポーツ杯なのですが、名手モレイラが鞍上だったとはいえ古馬相手に二着以下を0.8秒突き放す圧勝。その前の500万下も東京2400m線で二着馬に0.2秒差をつけて勝利しています。皐月賞こそ10着大敗ですが、長距離に舞台をうつすと一変あるかもしれません。