読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:京都11R-みやこS

広告

モンドクラッセは堅いかな、と思えるところがあります。現在四番人気で配当もマズマズ。

予想:

◎3番:モンドクラッセ
○7番:ロワジャルダン
▲6番:グレンツェント
▲9番:アポロケンタッキー
△2番:メイショウヒコボシ
△10番:インカンテーション

馬券は:

単勝:3番:モンドクラッセ
複勝:2番:メイショウヒコボシ
複勝:10番:インカンテーション
馬連:3-7、3-6、6-7、3-9、7-9、6-9、2-3、3-10
ワイド:2-3、3-10、2-7、7-10、2-10
三連複:ボックス
   2、3、6、7、9、10

考えたこと:

馬券は三連複ボックスで点数が増えてしまったので三連単はナシで。絞り切れませんでした。

本命はモンドクラッセを再評価して狙っていきます。
前走は0.6秒差の四着とちょっとこの馬にしては負け過ぎかな…と思いますが、その前のエルムSは0.3秒差の三着、東海Sも0.3秒差の二着、去年は着外に敗れてしまいましたが中距離は走るはずとみて、ここは本命です。今年不自然なほどに重賞勝利がない岩田JKの今年の初重賞勝利を飾ってもらいたいところです。現在四番人気。
対抗はロワジャルダンです。
去年みやこSを勝っている実績があり復活勝利の舞台は重賞二連覇のこことなってもおかしくない実力は持っています。平安S以外は掲示板は外していませんし堅実に走りそうです。近走は人気ほど走っていないのですが、ここは乗り替わり浜中JKで昨年勝った時と同じコンビ復活と期待できる一頭だと見ています。安定して走っている割には六番人気と低評価なところも期待が持てます。
三番手評価にグレンツェントとアポロケンタッキーです。
グレンツェントはラニを除けば現三歳勢ではダートで有力な一頭です。レパードSの勝利もありますしユニコーンSも前残りの展開のなか後方から脚を伸ばして三着に入るなど、実力はなかなかのものを見せています。おさえておきたい一頭です。現在三番人気と人気の一角です。
前走で期待を裏切られ気味なアポロケンタッキーも一応おさえておきたいところです。ブラジルCはミツバが大逃げしたちょっと向かない展開になってしまいました。シリウスSでは勝ったマスクゾロと0.0秒差と全く差のない三着なので、前走は多少度外視してここはもう一度見直して予想に加えます。ちょうど人気も五番人気とほどほどに落ちて前走のように人気被ってないところもよさげです。

三着あるかもでおさえているのが△の二頭です。

去年2015年から丸二年間で一回しか掲示板を外していない安定派のメイショウヒコボシ、相手なりに走る馬、と見込んで三着候補におさえです。
インカンテーションは9か月半の休養明けですが鉄砲実績はそれなりにありますので休み明けでも仕上がっていれば走れる実力馬です。昨年の実績とはいえ東海S三着、フェブラリーS二着、平安S勝利、とダート重賞では好成績を残しています。今年は東海Sを走って大敗⇒そのまま休養となってしまいましたが、巻き返しの一戦としてここはちょっとおさえておきたいところです。

何といってもメイショウヒコボシが11番人気、インカンテーションが10番人気と人気薄で配当も期待できるところがあります。

ラニは前走もう一歩でしたが、お終いの脚でいえば勝ち切りそうな勢いもありました。休養明け初戦でこれだけ走りましたが、距離が2000m超えてからがいい馬、という印象があります。しかも目標はチャンピオンズカップなのは明白なのでそこまで仕上げてくるかな?という点が多少疑問があります。
前走休養明けで結構走ってしまっているのも多少疑問があって1800m戦のここは一回切って様子見し、チャンピオンズカップで再評価といきたいところです。チャンピオンズカップはどうしても本命視しないといけない馬ですし。