読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-ファンタジーS

広告

土曜京都メインのファンタジーSは、アタマ差、クビ差の僅差で馬券を外す…。競馬ってそういうこともありますね。
逃げる馬が粘り込んで馬券になる展開、と言うところまではそれほど外していないのですが、逃げた馬が違っていた、というところです。

予想の結果:

1着:◎1番:ミスエルテ
 …
3着:▲10番:ディアドラ
4着:△12番:クインズサリナ
 …
6着:○2番:ドロウアカード

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:1番:ミスエルテ=アタリ!
単勝:2番:ドロウアカード=ハズレ
複勝:12番:クインズサリナ=ハズレ
馬連:1-2、1-10、1-12、2-10=ハズレ
馬単:1-2、2-1=ハズレ
ワイド:1-2、2-10、1-10、1-12、2-12=ハズレ
三連複:ボックス
   1、2、10、12=ハズレ
三連単:1-2-10、1-2-12、1-10-2、1-10-12=ハズレ

振り返って

スタートでミスエルテが出遅れ、場内がざわめく圧倒的一番人気の出遅れ…。
私も本命ですよ…。

しかもハナを切ると想定していたモンローもドロウアカードもハナには行かず、ハナを切ったのはショーウェイ、なんてこった。予想としては、京都1400m外回りは逃げ馬の一発もあるコースで開催されるファンタジーS、という条件下での予想だったので、狙いのハナを切って逃げた馬がドロウアカードでない、というのは想定外です。
モンローもドロウアカードも二番手・三番手で競馬を進めています。
レースは三コーナー付近に差し掛かり、ミスエルテは三コーナー差し掛かる当たりで徐々に遅れを取り戻すべく進出、最後方から三番手の位置取りに変わっていました。その後ろにはディアドラとクインズサリナ、予想した馬が最後方の三頭に固まっています。これは…、大丈夫なんでしょうか?

四コーナーから最後の直線に入って、大外に持ち出す気配のミスエルテ、出遅れたし能力的にも溜めた分お終いを活かせるので、包まれない外から一気に追い込もうというように見えます。
その後ろで外に出ようとするクインズサリナとディアドラ。
先頭はまだ気分よくショーウェイが走っています。その直後の最内にドロウアカードが位置取っています
ドロウアカードはここからショーウェイを交わして先頭に抜け出す必要があるのですが、どうだろう?ちょっと疑問が湧きます。ジリジリ伸びてはいるのですが、ドロウアカードの外にいるゴールドケープの方が脚色が良く見えます。まさかこのまま決まってしまうんでしょうか?不安になったところで、残り200mを示すハロン棒を過ぎたところで、大外からやってきたのは一番人気のミスエルテ!
ミスエルテがトンデモナイ脚でまとめて交わしていきます。明らかに勢いが違います。
しかもカメラの視点が変わったところで気づいたのはディアドラもクインズサリナも並んでミスエルテの一馬身後ろくらいから同じ勢いで敢然と追い込んできています。
やったか、後方待機組。その三頭で決まれば馬券は安泰。
しかもその二頭のうち外のディアドラの方が脚色がよさそうに見えます。これはもしや三連単まで的中できるんじゃなかろうか。
レースが残り200mで一気に色気を見せてきました。

ミスエルテがショーウェイを交わすのは大丈夫なように見えましたが、ディアドラとクインズサリナは最後方待機だった関係からもう一完歩遅れています。それまで二番手・三番手争いをしていたゴールドケープとドロウアカードの二頭は軽々と交わしていきましたが、ショーウェイを交わせるかが大きな分かれ目です。

交わせるか。差してくれ…。

最後の最後でミスエルテはショーウェイを交わして先頭でゴール。
二着争いは最内のショーウェイとディアドラに見えます。クインズサリナは半馬身ほど遅れた四着、と言ったところに見えました。

いやぁー惜しい。

一応確定を待ちます。

一着は文句なし、ミスエルテ、単勝1番は140円
二着は結局ショーウェイが粘り切ってしまいました。ナンテコッタ。
逃げた馬が粘り込む展開、という予想は皮肉にも的中していますが、その粘り込む逃げた馬を見極めるのが少々甘かったようです。ショーウェイが逃げるなんて。

というわけで惜しい四着クインズサリナ。復調気配で実力は認めてもいいけど、今一歩馬券に届かなかった、という結果になりました。