読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:東京11R-京王杯2歳S

広告

土曜の東京メイン京王杯2歳Sは裏の京都メインに引き続き、ハナ差の接戦で馬券を外すという悔しい結果。
ハナ差で敗れたのはコウソクストレートでした。

予想の結果:

1着:◎13番:モンドキャンノ
2着:▲8番:レーヌミノル
 …
4着:△11番:コウソクストレート
 …
7着:△7番:タイムトリップ
11着:○12番:レヴァンテライオン

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:13番:モンドキャンノ=アタリ!
複勝:7番:タイムトリップ=ハズレ
馬連:8-13=アタリ!
   12-13、11-13、8-12=ハズレ
ワイド:7-13、7-12、7-8、7-11=ハズレ
三連複:ボックス
   7、8、11、12、13=ハズレ
三連単:13-12-8、13-12-11、13-12-7、13-8-11、12-8-11、12-8-13=ハズレ

振り返って

スタート直後ハナに立つタイムトリップ、スタートで出負けしたのはダノンハイパワーです。対照的な二頭。

タイムトリップに続いて好位追走なのがレーヌミノル、レヴァンテライオンは中団待機、そのちょっと後ろくらいに位置取る本命のモンドキャンノ、その後ろにコウソクストレート、といったところです。。

距離が短いのもあって、道中の動きはあまり分からないまま、各馬の位置関係を把握し終わったところでレースは三コーナーから四コーナーへと進みます。
そうこうしているうちにハナを切ったタイムトリップが先頭のままで最後の直線に。
各馬各々のスパートのタイミングをうかがっていますが、四コーナーで徐々に先頭を窺っていたレーヌミノルがタイムトリップを交わそうと少しづつ先頭を窺って脚を伸ばしていきます。

そんな先頭争いの中外に回したモンドキャンノが一気にやってきました。
外から追うモンドキャンノ。よし!がんばれモンドキャンノ。
レーヌミノルがタイムトリップを交わし、単身先頭に立ちます。
外からレーヌミノルに馬体を併せようとモンドキャンノが懸命に追う、
その二頭のちょっと後ろの外目から伸びてくるコウソクストレート。

モンドキャンノとレーヌミノルが先頭で並び、
外から一気に来たコウソクストレートの脚は止まって三着争いが精一杯。

よし、差すんだモンドキャンノ!

そのまま二頭ならんでゴール。

よっしゃーこれは勝ったでしょう、モンドキャンノ。

三着争いが気になるところですが、インのタイムトリップは三着争いの三頭くらいから半馬身ほど後ろにいたので三着ならず。
となると外から来たコウソクストレート、これが三着に飛び込んでいるかどうかが注目ポイントになります。
三連単の13-8-11なら95.3倍、三連複も買っていますからダブルで的中できていることになります。頼む、差し切っててくださいよ。

掲示板を見つめます。

結果、確定したのは三着にディバインコードを示す9番。
コウソクストレートを示す11番は四着です。
ハナ差の接戦でコウソクストレートは届かず、ディバインコードがしのぎ切ったようです。
結局的中は単勝13番740円、馬連8-13が930円、三連複も三連単も逃してしまいました。
しかも誤算なのは、単勝10倍以上ついていたモンドキャンノが当日人気して3番人気まで上昇、オッズも結構下がっていました。レーヌミノルの一番人気とコウソクストレートの二番人気はは変わらずにしても、モンドキャンノの単勝と馬連で思ったよりつかなかったな、という印象です。

こういうこともあるか、と気を取り直していきます。もうちょっとなんですけどね。