読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-みやこS

広告

まさかこんなにきれいに的中するとは思っていませんでした。
予想した馬が掲示板を占める好結果。

予想の結果:

1着:▲9番:アポロケンタッキー
2着:▲6番:グレンツェント
3着:○7番:ロワジャルダン
4着:◎3番:モンドクラッセ
5着:△2番:メイショウヒコボシ
 …
8着:△10番:インカンテーション

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:3番:モンドクラッセ=ハズレ
複勝:2番:メイショウヒコボシ=ハズレ
複勝:10番:インカンテーション=ハズレ
馬連:6-9=アタリ!
   3-7、3-6、6-7、3-9、7-9、2-3、3-10=ハズレ
ワイド:2-3、3-10、2-7、7-10、2-10=ハズレ
三連複:ボックス
   2、3、6、7、9、10=アタリ!

振り返って

そろったスタート。
キョウエイギアは下がって後方からの競馬で、ハナに行くのはモンドクラッセ、その外からモルトベーネが様子をうかがう、さらにその外をインカンテーションとアスカノロマンがグーッと伸びてくるスタート直後の展開。
結局モルトベーネは控えてモンドクラッセはハナを譲らず。二番手にインカンテーションとそれに続くアスカノロマン。

二コーナーを回って向正面にレースが至ってもハナは変わらずモンドクラッセ、私の本命。二番手にはインカンテーション、私の穴馬。しかもアスカノロマンを挟んでの四番手にはメイショウヒコボシ、私の穴馬。
本命がハナを切り穴馬を引き連れて悠然と走る道中、キョウエイギアやアポロケンタッキー&グレンツェントが中団にいて、その後ろにはロワジャルダン。この辺はそんなに後ろじゃないけど、グッと下がって一番怖い一番人気のラニは最後方待機をしています。1000mまではレースは動かず。
第三コーナーから四コーナー付近に差し掛かっても、モンドクラッセとインカンテーション以下四・五番手までの位置関係は変わらず。強いて言えば四コーナー付近から外目を徐々にアポロケンタッキーが押し上げてきているように見えます。
最後の直線に入ってもモンドクラッセは先頭、よし。インカンテーションは…伸びてない?
アッサリと二番手のインカンテーションを外から差すアポロケンタッキー。
おお、これは。もう一回信じた甲斐があるということか?しかもその外からグレンツェントもいい脚で伸びてきそうな気配…。

いやどれも予想した馬だから歓迎したいところなんですが、本命のモンドクラッセを一気に差し切ってしまいそうな勢いで外から一気に伸びてきている▲予想の二頭。

残り100mくらいで突然インから現れた青い帽子にあの勝負服は…

ロワジャルダンだ。

ロワジャルダンがインの馬群の影からいきなり視界に飛び出してきました。
外から伸びていたアポロケンタッキーとグレンツェントに飛ぶように襲い掛かるロワジャルダンの末脚。

これ、もうこの三頭で決まりじゃない?
レースが終わる数秒前に勝負が決してしまったようでした。
去年みやこSを勝っている実績と乗り替わり浜中JKで昨年勝った時と同じコンビ復活ということで評価しておいてよかったよ、ロワジャルダン。
現三歳勢ではダートで有力な一頭としておさえておいてよかったよグレンツェント。
そして何度か期待を裏切られ気味なところを信じて良かったよ、アポロケンタッキー。やっぱり前走のブラジルCはミツバが大逃げしたせいで向かない展開だっただけなんだね、アポロケンタッキー。

よしよし、期待の配当を見ましょう。
馬連6-9が的中、払戻金1770円
三連複6-7-9が的中、払戻金8370円
馬連をちょっと手広く買い過ぎた気配がありますが、上々の成果といえるでしょう。
イマイチだったのは穴目で狙ったメイショウヒコボシが五着で惜しかったなぁ~というところと、ラニとアスカノロマンでが一番人気を争っていたようなつもりだったのですが、当日オッズで一番人気はグレンツェントに変わっていて配当が多少低くなったところです。ただロワジャルダンが昨年の勝ち馬にもかかわらず実力ほど人気が無かったところが幸いして配当は堅く収まらずに済みました。