読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-デイリー杯2歳S

広告

土曜京都メインのデイリー杯2歳S
いちおう単勝は取れたんですが、前日予想の三番人気、本命のジューヌエコールは当日売れて二番人気に。当然オッズも…

予想の結果:

1着:◎6番:ジューヌエコール
 …
4着:○7番:ディーパワンサ
5着:△9番:ベルカプリ
6着:△2番:リナーテ
 …
8着:▲1番:タイセイスターリー

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:6番:ジューヌエコール=アタリ!
単勝:7番:ディーパワンサ=ハズレ
馬連:6-7、1-6、6-9、2-6、1-7、7-9、2-7=ハズレ
ワイド:6-9、2-6、7-9、2-7=ハズレ
三連複:ボックス
   1、2、6、7、9=ハズレ
三連単:6-7-1、6-7-9、6-7-2、6-1-9、6-1-2、7-1-9、7-1-2=ハズレ

振り返って

スタート直後、▲のタイセイスターリーがスタートが良くないように見えました。さらにスタートが良くなかったのが迷って切ったユノディエール。
反対にスタートが良かったのはベルカプリです。ここは予想通り先手を奪っていきます。
ただベルカプリはハナに行かず、内からボンセルヴィーソがハナを主張していきました。ベルカプリは控えるのかな…?
本命のジューヌエコールは四番手、ベルカプリから一馬身後ろの位置です。ぴったりと対抗のディーパワンサが馬体を併せています。この二頭は好位で競馬を進めるようですね。
スタートが悪かったタイセイスターリーは押し上げてその直後につけました。
…。
タイセイスターリー、何か頭が高いように思えます。また掛かっているのかもしれません。折り合いついていないのかなぁ…。ちょっと良くない道中のレース運びに見えます。
スタートは決して悪くなかった△リナーテはそのタイセイスターリーから二馬身~三馬身ほど後ろにいました。ちょっと後ろすぎのようにも見えます。正直このあたりの位置取りにいる三頭はちょっと勝負に絡めないような気がするな、と思いながらレースを見ています。

三コーナーから四コーナー、坂を上って下ってレースが動かない時間が続きます。結局ボンセルヴィーソはベルカプリから二馬身から三馬身くらいリード拡げて一人旅のように見えます。ベルカプリは控えているように見えますので前が早くなっているのか、もしくはマイペースに持ち込まれて控える競馬になっているのかももしれません。
本命のジューヌエコールはインでじっと我慢。イン抜けならこれはよさそうです。
対する対抗のディーパワンサは外に持ち出そうとしているのかジューヌエコールにぴったりくっついていたはずが、四コーナーでちょっと遅れてしまったように見えます。ジューヌエコールはインからベルカプリを捉えに掛かっていますがディーパワンサはちょっと置いてかれる格好になってしまいました。この差は最後でどう出るか見物です。

最後の直線に入って先頭を走るボンセルヴィーソ、脚色はまだ衰えていません。ベルカプリが二番手から先頭を窺って脚を伸ばしていますが、その二頭の間から抜けてきたのがジューヌエコール。
ジューヌエコール、やはりききょうS勝ちは伊達じゃなかった。ジューヌエコールが敢然と先頭に立ちます。よし!
二番手に対抗のディーパワンサが来てほしいところですが、ベルカプリがボンセルヴィーソを交わしてくれてもそれでいい。
そう願っていたら、ベルカプリは伸びず、ボンセルヴィーソの脚が止まらないばかりか、ベルカプリの外から外からサングレーザーが伸びてきています。これはマズイ…。どっちも買っていません。

と思っていたら、直線残り100mというところで、ようやく外からやってきましたディーパワンサ。
ディーパワンサがまとめて差し切るか?はたまた届かないか?
ディーパワンサの末脚がグングン伸びます。ゴール直前でサングレーザーを捉えるかどうか、と言うところですが、脚色はディーパワンサが断然イイ。
ディーパワンサの末脚が一歩一歩サングレーザーを追い詰めていきます。
一足先に先頭でゴールに飛び込んだのがジューヌエコール、そのうちにボンセルヴィーソが粘り切ったようで二着はこれできまりそうです。
三着にサングレーザーとディーパワンサの二頭が並んだところでゴール板を迎えていました。これはまた…。

インから上手いこと抜けましたねジューヌエコール。
気になる配当は。
単勝6番360円。
あ、知らぬ間に二番人気になっています。当日人気で売れたようです。一番人気だったディーパワンサが三番人気になっていて、二番人気だったタイセイスターリーが一番人気になったようです。
結局スムーズじゃないレース運びとなったタイセイスターリーは8着。
末脚が活きた展開のディーパワンサは結局サングレーザーを交わせず四着と複勝圏外に飛んでしまいました。