読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:福島11R-福島民友カップ

広告

アジアエクスプレスがいよいよレースに戻ってきます。早速本命にしておきたいところです。

予想:

◎4番:アジアエクスプレス
○9番:モズライジン
▲12番:ブラゾンドゥリス
△14番:トラキチシャチョウ

馬券は:

単勝:4番:アジアエクスプレス
馬連:4-9、4-12、4-14、9-12、9-14
ワイド:12-14
三連複:ボックス
  4、9、12、14
三連単:4-9-12、4-9-14、9-4-12、9-4-14、9-12-14

考えたこと:

アジアエクスプレスが1年3カ月の長期休養明けから復帰し、とうとうレースに出てきますね。個人的には朝日杯までの三連勝とスプリングSでの強い競馬のイメージが強く印象に残っています。
生涯成績でも掲示板を外したのはわずか二回。ここでも中心視しておきたい1頭ですね。しかも朝日杯とその前走はR.ムーアJKですから表開催に戻ってくればコンビ再結成もあるかもしれませんね。
さてさて、本命はそのアジアエクスプレスです。現在二番人気です。
出るレース出るレースで一番人気ばっかりですから二番人気でオープン戦を出走するなんて今回ぐらいのモノのような気がします。そう思っていたら当日一番人気になったりして。
堅実な走りで強力な先行力を持った名馬になれる馬です。朝日杯を勝った時はもっと上に行く馬だと直感したほどなのですが、皐月賞で掲示板を外してからダート路線を地道に進んでいます。
問題は1年3カ月という長期の休養明け、と言うところですね。休養明けでどれくらい走れるかが注目ポイントです。ユニコーンSの時のような大崩れもあり得るレースですから本命とは言えど油断はできません。
そこで対抗は現在一番人気のモズライジンです。
たびたび本命にしては単勝を外している一頭です。夏は格上挑戦をしていましたが、ようやく自己条件に戻ってきて一回二着したのちに前走でようやく準オープン勝利、オープンに昇格しました。夏のオープン特別では二走とも二着二入っているように既にオープンクラスでの実績はありますので昇級初戦としてもいきなり通用する下地はあります。オープン特別二走も勝ち馬から0.3秒差&0.2秒差といずれも僅差です。一番人気もうなづけますね。

三番手評価はブラゾンドゥリスです。
前走の昇級初戦は馬体重+18キロでちょっと重かったためか距離が長かったのか重馬場が響いたのか勝ち馬から1.3秒差の12着に大敗してしまいました。
もしかするとこの距離はちょっと長い可能性は残されていますが、ひとまず前走は度外視してもう一度おさえておきたい一頭です。前走+18キロでしたが本来は510キロ~520キロ当たりで好走しているので多少絞れてくればいいことになります。明日の天気も晴れ予報ですし、前走の条件はガラッと変わる可能性があります。福島コースは未勝利戦以来の出走ですが一応勝ちはあるので実績あると考えてよさそうです。とはいえ左回りのコースに出走が偏っているのが多少気にはなります。

連下のおさえで、トラキチシャチョウを抑えます。
平安S⇒白山大賞典と堅実に走っていたのですが、前走でかなり大敗してしまいました。とはいえ、前走のレースはミツバの大逃げで前の馬はバタバタになってしまったのと後ろの馬は仕掛けどころがおかしくなってしまった感があり、あまりブラジルCの大敗は参考にならない、と見ています。現にこの間ブラジルCではミツバに1.4秒差をつけられ大敗したアポロケンタッキーがみやこSで見事に勝利、ブラジルCは度外視ということで再度ここで仕切り直しの一戦としておさえます。