読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-マイルチャンピオンシップ

広告

上位入線馬が審議対象となって的中がぬか喜びにならないか、とかなり焦りましたが、何とか降着なしで的中できました。

予想の結果:

1着:▲16番:ミッキーアイル
2着:◎8番:イスラボニータ
3着:△15番:ネオリアリズム
 …
5着:○2番:サトノアラジン
 …
9着:△4番:ロードクエスト

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:8番:イスラボニータ=ハズレ
単勝:2番:サトノアラジン=ハズレ
複勝:4番:ロードクエスト=ハズレ
馬連:8-16=アタリ!
   2-8、8-15、4-8、2-16、2-15、2-4=ハズレ
ワイド:8-15=アタリ!
    4-8、4-15=ハズレ
三連複:ボックス
   2、4、8、15、16=アタリ!
三連単:8-2-16、8-2-15、8-2-4、2-8-16,2-8-15、2-8-4=ハズレ

振り返って

予定調和のようにミッキーアイルが先頭を窺う構え、札幌記念で逃げ切り勝ちをおさめたネオリアリズムも二番手で競馬を進めようとしています。

サトノアラジンは中団待機ですね。
ロードクエストは後方待機策、よしおしお終いを活かして頂戴よ。

本命のイスラボニータは先行集団のイイ位置ですね。掛からずかといって出負けしているわけでもない、今まで負けてきたようなレース展開とは違って理想的な展開でレースを進めているように見えます。

三コーナー四コーナーでも特に動きはなく、イスラボニータは外に持ち出そうと徐々に進出開始。サトノアラジンは…インを突くつもりなんでしょうか?インから動く気配がありません。馬群捌けるのかな?

最後の直線に入っても先頭は変わらずにミッキーアイル。
二番手にはネオリアリズム。

これ、予想通りの理想の展開じゃないですか。
あとはイスラボニータとサトノアラジンが来てくれればいいだけ、ってこと?

期待に胸が膨らみます。

ミッキーアイルとネオリアリズムがインで粘っているところ、
外に持ち出したイスラボニータ。
インから抜けていこうとするサトノアラジン。
内から行くのがいいか外から行くのがいいかを選択した対照的な二頭。

さあこれから、という最後の直線半ばでアクシデント発生です。

レースを見ていたところではインを突いてきたサトノアラジンが手綱を引いて大きく減速
あちゃーこれ不利受けたか?サトノアラジン。
と思っていたのですが、実は大きく不利を受けたのはディサイファ。
そんな二頭を尻目にイスラボニータは外から一気に先頭の二頭に脚を伸ばして迫っていきます。

先頭のミッキーアイルは交わせなかったがネオリアリズムを交わしたところでゴールイン。
ミッキーアイルだ、しかも三着にネオリアリズム。三連複は的中だ!
と思ったら、この競走は審議、的中三連複は無情にも「上位入線馬が審議の対象となっております。」との場内放送でぬか喜びになりかねません。
イスラボニータが外から斜行の疑いもあれば、ミッキーアイルがインから斜行の疑いもあり、しかもミッキーアイルがヨレて膨らんだあおりを受けてネオリアリズムが外に膨らんだところがちょうどサトノアラジンの進路、サトノアラジンが避けようと減速したところでディサイファが行き場を失ってしまい、躓き気味に減速、と、上位入線馬三頭とも加害馬の可能性があるという、なんとも後味の悪いレースです。

これがもし審議で降着が発生してしまうと、四着入線のダノンシャークが繰り上がってしまうことになります。ダノンシャーク、買ってないときに限ってこういう状況です。

ドキドキしながら確定を待ちます。
ドキドキします。
確定しました。着順通り確定で降着なし。
おおー、見事的中です。いままでマイルチャンピオンシップであまりいい思い出がないのですが、これはイイ思いができそうです。

気になる配当は、

馬連8-16は1590円、二番人気と三番人気の組み合わせとしては結構ついています。
ワイド8-15で1220円、ネオリアリズムのおかげでワイドも高配当です。
そして期待の三連複8-15-16は、8360円。高配当。

いやあ、やりましたね。