読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-アンドロメダS

広告

ハデに外しました…。予想した馬がまったく絡んでこなかった。

予想の結果:

4着:△3番:デウスウルト
5着:△5番:エキストラエンド
 …
8着:番:◎9番:トーセンビクトリー
 …
11着:○4番:ダイシンサンダー
 …
14着:△13番:ウインリバティ
 …
16着:△18番:フレイムコード
17着:▲11番:オリオンザジャパン

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:9番:トーセンビクトリー=ハズレ
複勝:5番:エキストラエンド=ハズレ
複勝:3番:デウスウルト=ハズレ
複勝:13番:ウインリバティ=ハズレ
複勝:18番:フレイムコード=ハズレ
馬連:4-9、9-11、4-11、3-4、3-9、9-13、4-9、4-13、9-18、4-18=ハズレ
ワイド:5-9、3-9、9-13、9-18、4-5、3-4、4-13、4-18、13-18=ハズレ
三連複:4-9-11=ハズレ
  4-9流し:3、5、13、18=ハズレ
  9-11流し:3、5、13、18=ハズレ
  4-11流し:3、5、13、18=ハズレ
三連単:9-4-11=ハズレ

振り返って

トーセンビクトリーがポンと出る好スタート、いいよいいよ。本命ですからね、好走期待。
一方の対抗ダイシンサンダーはスタート直後のスタンド前では控える形で後ろに行くのが見えました。オリオンザジャパンも同じくらいの控えるように見えました。
フレイムコードが大外にもかかわらず果敢に先頭集団に行こうとしている構えでウインリバティもそれに続こうと先頭を窺っていきます。二頭は内枠を利して1番とテンが速かったトーセンビクトリーに絡んでいこうとしているように見えます。
一コーナー前でこの四頭が並ぶ展開です。こうなると最内枠のマドリードカフェが有利ですね。コーナーワークを利して一番がハナに立とうという気配。
…と、思っていたら、ハナを奪ったのは1コーナーでグイッと前に出てきたトーセンビクトリーです。
先手を奪ってトーセンビクトリーが二コーナーから向正面に掛けてハナを奪いレースを引っ張ります。それほど前に行こうとしないマドリードカフェを置いて二番手はウインリバティが果敢にトーセンビクトリーを追う展開になりました。マドリードカフェはそれほど前に行くことにこだわっていないのか外のフレイムコードよりも控えるような構えです。
予想した馬の◎-△×二頭の三頭で先頭集団を形成しています。
で他の予想の馬たちは…
中団よりちょっと後ろでエキストラエンドとデウスウルトが並んで追走していました。
さらにその後ろダイシンサンダーが控えています。そのダイシンサンダー寄りさらに後ろにようやくオリオンザジャパンが居ますが、そのさらに後ろに人気のクラリティシチーなども居たりして、結構縦長の展開で人気馬も前から後ろまでちりばめられているような感じです。
三コーナー四コーナーではそれほど動きがなかったのですが、三コーナーから四コーナーに入るところでオリオンザジャパンが押して押して順位を押し上げていく様子がちらっと見えました。
後方からくるとしたらオリオンザジャパンか?、と思っていたら、最後の直線に入ってもオリオンザジャパンは外に回したせいか押していったほどに順位は上がっていませんでした。

最後の直線に入ってトーセンビクトリーの脚色はいいのですが、その外のマイネルフロストが外から先頭を奪います。
ああーこれはいかん。
マイネルフロストがとうとう先頭をきっちり奪い取りました。外からくるのはレッドソロモン、ドレッドノータス、と言ったところ。

さらに後ろですが、その外にはエキストラエンドが居ます。
まさか、エキストラエンドが飛んでくるのか。ワクワクが止まりません。
さらに残り100mくらいのところで、デウスウルトが内で脚を伸ばして前に迫ってきます。
トーセンビクトリーが粘り込む前提が崩れ去った今となっては、デウスウルトやエキストラエンドが三着に入ってくれれば複勝はどうにかなりそう…

最後のゴール前でグイット伸びたのはレッドソロモンとドレッドノータス。
インで粘り切ったのはマイネルフロスト。
あ、結局デウスウルトもエキストラエンドも届かなかった…。

馬券もハズレです。