読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:東京11R-東スポ杯2歳S

広告

うまくいかないもんですね…。馬連で一着・三着とは。

予想の結果:

1着:○6番:ブレスジャーニー
 …
3着:◎1番:ムーヴザワールド
 …
5着:▲5番:トラスト
 …
8着:△8番:エルデュクラージュ
 …
10着:△10番:オーバースペック

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:1番:ムーヴザワールド=ハズレ
複勝:10番:オーバースペック=ハズレ
馬連:1-6、1-5、1-8、1-10、6-5=ハズレ
ワイド:1-8、6-8、5-8、8-10=ハズレ
三連複:ボックス
   1、5、6、8、10=ハズレ
三連単:1-6-5、1-6-8、1-6-10、6-8-5=ハズレ

振り返って

好スタートのトラスト、馬体を併せるようにマイネルエパティカです。
トラストがハナを切るかと思いましたが、マイネルエパティカがハナを奪います。ちょっとトラストは頭が高いように見えます。折り合えるか心配です。

お終いを活かす競馬が得意なオーバースペックが先行集団に居ます。おや?
末脚不発なしなんですが、早めに前に行っていいもんでしょうか?勝ちに行ったといえるかもしれませんが。その近くにエルデュクラージュも居ます。
ブレスジャーニーとムーヴザワールドは後方から三番手・四番手といったところに位置取っています。

結構縦長の展開になってしまいました。

三コーナー四コーナーでもそれほどレースに動きはありません。やっぱり東京競馬場らしく勝負が動くのは最後の直線ですね。

最後の直線でマイネルエパティカが粘っていますが、その外からトラストが伸びようと言う気配。後方集団からもムーヴザワールド辺りが追い込んできます。
トラストが先頭を奪ったところでようやくムーヴザワールドが追い込んできたようです。
行けるか?
しかしムーヴザワールドより明らかに、その外のスワーヴリチャードが脚色がすごく良いように見えます。
「あー、これは厳しいかな、9番で決まっちゃうか…。」
ちょっとあきらめにも似た言葉が漏れました。
スワーヴリチャードが先頭のトラストを捉えに掛かったところで、一気に脚を伸ばしてくるムーヴザワールド。
おお、まだ脚を残していたのか。
しかも残り200mを切ったところでスワーヴリチャードの外から一気に飛んできたのはブレスジャーニー。
はからずとも予想した本命と対抗がスワーヴリチャードを挟んで三頭で叩き合いをする結果となりました。

そして最終的にその叩き合いを制したのはブレスジャーニー
あーそうか、そうなのか。
予想では鞍上で評価を下げたブレスジャーニーが三頭の叩き合いを制し、重賞勝利をしました。
二着がスワーヴリチャード。

なんともはや、馬券はハズレです。

オーバースペックの末脚に期待したのですが、先行集団に入って末脚勝負をしなかったところでレース展開自体は末脚勝負になるという何とも言えないところです。
トラストはレースを作れなかったのが良くなかったように思えます。マイネルエパティカがレースを引っ張りましたからね。
エルデュクラージュは根本的に何かが足りなかったんじゃ?というくらい見せ場なしでした。

残念です。