読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:京都11R-京都2歳S

広告

京都二歳Sはグレードがつく前のオープンレース時代から気になるレースです。
成長してから将来、中距離で活躍する馬を勝ち馬から輩出するレースとして注目しています。

個人的にはローゼンクロイツが勝ったレースとして一番記憶にあるレースなのですが、他にもエピファネイアやヴィクトワールピサ、古くはエイシンチャンプやマルカシェンクといった勝ち馬を輩出しているレースです。もっと古くにはヴァーミリアンやナリタブライアンなども勝ち馬に名をつられていますからね。

グレードがついてからは勝ち馬はいま一つな感じもしていますが。

予想:

◎7番:アダムバローズ
○8番:プラチナヴォイス
▲10番:ベストアプローチ
△9番:ヴァナヘイム
△3番:カデナ
△4番:ソーグリッタリング

馬券は:

単勝:7番:アダムバローズ
単勝:8番:プラチナヴォイス
複勝:7番:アダムバローズ
馬連:7-8、7-10、8-10
ワイド:7-8、7-10、7-9、3-7、4-7、8-10
三連複:7-8-10
  7-8流し:3、4、9
  7-10流し:3、4、9
  8-10流し:3、4、9
三連単:7-8-10、7-8-9、7-8-3、7-8-4、8-7-10、8-7-9、8-7-3、8-7-4

考えたこと:

本命と対抗はあまり差がない二頭で考え中です。
アダムバローズは予想している現在6番人気と低評価、ですが穴人気を集めている五番人気ソーグリッタリングに前々走は0.2秒差で勝利、と本レースの人気の一角から勝利している馬です。ついでですが8番人気のワンダープチュックには前走0.1秒差で勝利しておりここも勝負付けは済んでいると見ています。
それでいて6番人気の二桁倍率という低評価はいささか人気がなさすぎる気もしますが、配当としては非常に好ましい配当と思えます。ちょっと穴目ではありますがここは一発狙いを考えてみると面白いかもしれません。
一方、同じ7枠に入ったプラチナヴォイスは現在二番人気。前走がオープン特別の萩Sをヴァナヘイムに0.3秒差で勝利しており、実績上位といえます。オープン特別のレースを勝った馬がいないのでここは素直に実績上位を評価したいと思います。

勝ち馬という観点で言えばこの二頭で競っているような感覚です。

一歩譲って大外枠のベストアプローチです。二歳新馬勝利直後のいきなり重賞挑戦という本レースの臨戦態勢です。前走の新馬戦では二着アドマイヤローザに0.1秒差と決して派手な勝ち方ではありませんが、そのアドマイヤローザは次走の未勝利戦をメンバー中上がり最速の脚で差し切って0.3秒差を付けて勝利していますので、ベストアプローチの新馬戦勝利は素直に評価してよさそうです。10月下旬の京都芝2000mの新馬戦といえば毎年重賞級の馬がデビューする舞台でもあります。現在7番人気で低評価なのも魅力です。

一方二着以下の連下候補としては人気サイドから、おさえておきたいと思います。
ヴァナヘイムはいわゆる良血馬でアッサリ重賞勝利しても不思議じゃないところは確かにあります。前走も展開のアヤといえばプラチナヴォイスがうまく前で逃げ粘った勝利といえるレース展開でしたし。新馬戦が8月の小倉で二戦目のオープン特別が10月末なのでレース感覚が空いたことによるもの、という見方もできなくはないです。こうやって書いていたら何か△は低評価な気がしてきました。
む、そう言えば鞍上は乗り替わりでシュタルケJKに変わっていますね。先週のミッキーアイルで主戦が騎乗停止中だから、ということですね。

カデナは前走の内容が良かったですね。コースは東京に替わるとはいえ芝2000mの百日草特別であわや勝てる、というレースが出来ているのは大きいです。500万下のレースではありますが百日草特別は結構後ろで競馬しましたが、新馬戦や未勝利戦では好位で競馬をしていたので、今回も好位追走で流れに乗れば連下はある実力馬と見ています。

ソーグリッタリングは未勝利戦勝利直後ですが、レース間隔が空いた前走の未勝利戦を馬体重+12キロで勝てたのは大きいといえます。実質叩き二走目の走りごろが該当しますので、未勝利戦勝利直後でもここは好走ありそうな気配です。現在五番人気で配当も程々に期待できます。

二歳戦は正直あまり的中できていないので、それほど自信はありませんが、思い切って穴狙いっす。