読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:阪神11R-チャレンジC

広告

フルーキーは堅いけど、ヒモが問題のレースですね。選びきれない。

予想:

◎1番:フルーキー
○14番:ブラックスピネル
▲16番:ディサイファ
△4番:ベルーフ
△5番:ヒストリカル

馬券は:

単勝:1番:フルーキー
複勝:3番:エキストラエンド
馬連:1-14、1-16、1-4、1-5
ワイド:1-16、14-16、4-16、1-5、5-14、4-5、5-16
三連複:ボックス
   1、4、5、14、16
三連単:1-14-16、1-14-4、1-14-5、1-16-14、1-16-4、1-16-5

考えたこと:

フルーキーはアタマで堅いと思います。
新潟大賞典、エプソムCと連続二着、中山記念も四着好走、とレースメンバーから考えてこの辺の重賞好走歴はメンバー中でも抜けた存在です。昨年でもこのチャレンジCを二着のヒストリカルに0.2秒差付けて快勝しています。その前の2014年もチャレンジCは勝ったトーセンスターダムに0.0秒差と差のない二着、毎年チャレンジC出走し好走しているという点を取り立てても他馬より抜けた存在です。
不動の軸といったところでしょうか。

二番手はブラックスピネルにしました。
もっと走る馬だと思ったんですが、あまりぱっとしないレースが続いています。
とはいえ勝ち馬との差はいずれも0.5秒以内に収まっており、かつ上がり三ハロンのタイムは毎レーストップ3に入るタイムを叩き出しています。
悪くはないんだけど…、そんな馬が乗り替わりでルメールJKにヤネがスイッチしたとなると、ちょっと一味違った脚が引き出されるかもしれません。フラグに見えてしょうがないってところです。

三番手はディサイファ、ホントは対抗にしようかと思ったんですが、人気が9番人気の低評価、ちょっと控えめに三番手評価にしました。
近走は負けが込んでいるように見えますが、今年はAJCC勝っていますし日経賞もゴールドアクターに0.5秒差の五着、続く安田記念もロゴタイプに0.3秒差の六着と悪くありません。昨年も重賞二勝に金鯱賞や毎日王冠で二着と僅差の競馬をしていますし、前々走は0.9秒差とちょっと大きく負けていますが前走は斜行の影響で躓く不利があっての10着大敗、それでも0.6秒差とくればかなり走っているイメージです。

連下のおさえにはベルーフとヒストリカルを。
ベルーフはシュミノーJK。日本の競馬は初の短期免許取得で先週二勝、と乗れるイメージです。
前走は上がり三ハロンのタイムがメンバー中最速の末脚を叩き出したものの届かずの三着。何せ最後方待機ですからね。近走は後方待機で届かずの…が多いのですがお終いは切れるので小倉記念のように流れに乗れれば、お終いの脚爆発で二着・三着はありそうなものです。
ヒストリカルは言うまでもなく昨年の二着好走を買ってのおさえです。
昨年は上がり三ハロンのタイムをメンバー中最速の末脚を叩き出して後方から一気に二着に飛んできました。
前走の天皇賞秋も下位順位では上がり三ハロンのタイムは優秀、蓋されて持ち出せなかったルージュバックよりも上がり三ハロンのタイムは速い、前々走の毎日王冠もそうですが、お終いの脚は確実なものがあります。

勝ってませんが、ヒルノマテーラもちょっと気になります。
前走は大敗ですが前々走は1800mのオープン特別を買い粗油、その前はマーメイドSを勝ち馬と差のない0.0秒差で二着、その前は準オープンの1800m戦四着、相手関係なく1800m-2000mせんでは堅実に走っています。1800m戦のここは勝負になってもおかしくない。