読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:中山11R-朝日杯FS

広告

ちょっとヒモの絞り込みが難しい朝日杯、本命はしょうがないですね。ミスエルテです。
しっかし…モンドキャンノなんでこんなに人気薄なんでしょうかね?不思議。

予想:

◎13番:ミスエルテ
○10番:モンドキャンノ
▲8番:タンビュライト
△5番:タガノアシュラ
△6番:クリアザトラック
△1番:レヴァンテライオン
△4番:ボンセルヴィーソ

馬券は:

単勝:13番:ミスエルテ
複勝:10番:モンドキャンノ
複勝:レヴァンテライオン
複勝:ボンセルヴィーソ
馬連:10-13、8-13、5-13、6-13、1-13、4-13
ワイド:8-10、5-10、6-10、1-10、4-10、1-8、1-5、1-6、4-8、4-5、4-6
三連複:
   10-13流し:1、4、5、6、8
   8-13流し:1、4、5、6
三連単:13-10-8、13-10-5、13-10-6、13-10-1、13-10-4

考えたこと:

ミスエルテには逆らわず、二着三着でのヒモ荒れを狙っていきます。
本命はもちろんミスエルテで。もはや説明の必要はないくらいの有力馬です。ウオッカのようにダービーを目指すのかもしれませんね。

対抗はモンドキャンノです。前走京王杯2歳Sの勝利とこのレースで0.1秒差の二着に入ったレーヌミノルの阪神JF好走を考慮しての対抗です。本命にしたいくらいですがミスエルテにはちょっとかなわないかもね、と思ってここは対抗です。
短距離馬という判断が出ているようなのでマイルの朝日杯は守備範囲ですし前走は出遅れてスローの道中だったにもかかわらず差し切り勝ち、脚を溜めれば末脚は確実です。ここは本命に近い対抗として頑張ってもらいたいところです。そもそもこれだけの実績馬で現在7番人気の低評価がまったくもって合点がいきません、配当がおいしいじゃないですかね。

三番手評価はレヴァンテライオンといきたいところですが、ちょこっと人気どころを。
タンビュライトは前走サウジアラビアCで二着、とはいえ前走は最後の直線でちょっとヨレ気味の走りでまっすぐ走っていなかったところがあるので、前走二着といっても見限るのはちと早いと考えることができます。うまくまっすぐ走るようにルメールJKが乗れればミスエルテの次点くらいは頭角を現してきても不思議ではありません。二番人気と配当面はあまり期待できないのですが、おさえたほうがよさそうな一頭です。

鞍上武豊JKのタガノアシュラも押さえておきたいところの実力馬です。札幌二歳Sこそ勝ったトラストから0.7秒遅れる8着でしたが、このレースはなぜかスタートから控えて中団からやや後ろの差す競馬、本来の競馬でなかったと考えてよさそうに思えます。現にその次走の黄菊賞ではハナを切ってそのまま行った行ったで勝利、本来の競馬に戻っています。デビュー戦もハナを切って行った行ったの競馬、二着のサトノアリシアに0.7秒差つけて圧勝だったわけなんですが、二着のサトノアリシアはそのあとオープン特別のコスモス賞勝利にアルテミスS5着、阪神JFでは7着となかなか(それなり?)に走っています。
ここでも本来の競馬ができれば。

おさえの点数が増えてしまっていますが、クリアザトラックもちょっと切れなかった一頭です。現在三番人気です。血統は父ディープインパクトに母父フレンチデピュティというマカヒキを思わせる血統です。しかも母母がクロカミという90年代の競馬を知っている世代からすると懐かしい馬の名前が見えます。クロカミはマイル~1800m戦のオープンや重賞で堅実な好走を繰り返していた馬です。結局勝ちこそ少なかったものの複勝率が高く掲示板を外さない走りで馬主孝行な馬だったように記憶しています。クロカミからはマカヒキよりもスピード血統寄りに見えますがここはマイル戦なのでスピードで押し切るには十分な舞台です。去年のリオンディーズの例もありますから未知の魅力として押さえておきたい一頭ですね。

レヴァンテライオンが評価低くなってしまいましたが、本当は三番手評価にしようか迷った馬です。人気馬をおさえていたらこんな評価低くなってしまいましたが、それほどチャンスがないわけではないとみています。
とにかく前走は休養明け初戦でイレ込んでいましたし、馬体重も+16キロと大幅に増だったところがあって、いったん度外視して叩き二走目に注目してみたいところです。そもそも京王杯を買ったモンドキャンノを函館2歳Sで0.1秒差で破っているのがこのレヴァンテライオンです。しかも現在11番人気と完全に穴馬扱い、これは配当も期待できますし、狙わない手はないと踏んでいます。
12番人気のボンセルヴィーソもおさえておきたい穴馬です。
簡単に言えば、前走デイリー杯逃げて二着、今回も逃げるか控えても二番手三番手といったところでレースを進めることが予想されます。前走は展開に恵まれ着という見方が世間の見方ですが、別の言い方をすれば展開に恵まれれば重賞二着は軽くできるという実力はあるってことです。
前に行く馬は南東もいますのでそれほど甘くはないと思いますが、なに12番人気なので気楽に生きましょう。

前に行く馬を手広くヒモでおさえるようにしています。ミスエルテが前残りする馬をまとめて差し切る展開を想定していますが、三着までに一頭か二頭は逃げ先行が残る想定です。