読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:阪神11R-阪神カップ

広告

切り切れなかった馬が多数、ちょっと馬券を絞り込んでどうにか点数を抑えることにします。

予想:

◎6番:イスラボニータ
○8番:ミッキーアイル
▲3番:ロサギガンティア
▲5番:ダンスディレクター
△1番:サンライズメジャー
△16番:グランシルク
△2番:シュウジ

馬券は:

単勝:6番:イスラボニータ
単勝:5番:ダンスディレクター
複勝:1番:サンライズメジャー
馬連:6-8、3-6、5-6、1-6、6-16、2-6、3-8
ワイド:1-6、1-8、1-3、1-5
三連複:3-6-8、5-6-8、3-5-6、3-5-8
  6-8流し:1、2、16
  3-6流し:1、2、16
  5-6流し:1、2、16
三連単:6-8-3、6-8-5、6-8-1、6-8-16、6-8-2

考えたこと:

本命はイスラボニータ、前走マイルCSでも本命にしましたが、二番人気のここも本命でいいかなと思っています。距離短縮もいけるんじゃないかと。
前走はミッキーアイルとネオリアリズムが外に膨らんで、かつイスラボニータが外からインに多少ヨレているようなモヤモヤした決着。着順に影響なかったとはいえサトノアラジンとディサイファにとっては大きな不利になりました。イスラボニータはこの不利の影響を受けることなく勝ったミッキーアイルに0.0秒差と差のない二着。アタマ差で勝ち馬とはほぼ同じ価値のある二着と見ています。1400mで逆転するのか?と言われると多少不安はありますが、恥ずかしい競馬にはならないだろうと踏んで本命です。

そうなるともちろん対抗はマイルCSを勝ったミッキーアイル、ということになります。ペース自体は割と速い方だったのにそれを逃げ切ってGI勝利ですから、切る理由がちょっと見当たらないです。GI二勝馬で実績上位、1400mもドンと来い、同じ逃げ馬のエイシンスパルタンがどう出るかが気になりますがテンのスピードから言えばどうしてもミッキーアイルに軍配があがりそうです。一番人気ですし逆らえない。

三番手が現在三番人気しているロサギガンティア、去年の勝ち馬です。
正直去年の勝ち馬だからおさえておこう、という趣旨が大きいです。ただ1400mはロサギガンティアにとってはベストの距離で冬は走る季節という傾向もあります。
京王杯SCにサトノアラジンに0.2秒差の三着、この実力が出せれば近走のレースはちょっと度外視してここは走る可能性を感じます。

ここまでが人気どころの上から三頭で固めてしまったので、ちょっと穴目で配当を狙っていきます。

その一頭が近走いま一つなダンスディレクターです。現在七番人気で配当にも期待できる一頭です。
ダンスディレクターは去年の阪神C勝ったロサギガンティアに0.0秒差の二着、ここでの好走実績を持っています。前走のスワンSで勝ったサトノアラジンに0.3秒差の四着でサトノアラジンを物差しにした場合にはロサギガンティアと実力差がないところは実証されています。去年の阪神Cも差がなかったし今秋のサトノアラジンを物差しにしてもロサギガンティアと差がないのに七番人気と評価を落としているとなるとおさえない理由はありません。乗り替わり武豊JKで新しい色が出るかも、一発ありそうなので単勝も狙っていきます。

連下/三着扱いでは三頭います。
一頭はサンライズメジャー、現在11番人気の低評価で配当が期待できます。
この馬をおさえるのは当然、今年の京王杯SCです。サトノアラジンに0.2秒差の二着、スワンSもマイルCSも全く結果が出ませんでしたが、前走のオープン特別で0.0秒差の僅差ながら勝利して力を見せました。前走も阪神1400mということもあっておなじ条件となるここもおさえておきたいところです、なにせ人気薄ですから。
もう一頭はグランシルク、現在五番人気です。奥多摩Sでオープン昇格、昇級初戦がこのレースになります。とはいえ去年の秋は重賞戦線で走っていましたし、降級してからというもの連対を外していません。元々オープン級の実力は持っていたとみてよさそうな馬です。重賞勝利こそありませんが、ヤマカツエースが勝ったニュージーランドTで0.1秒差の二着と重賞の好走歴もあります。去年の京成杯AHも四着とはいえ勝ったフラアンジェリコから五着までが0.0秒差の横一線で並ぶようなレースでしたから、この二戦だけ考えると重賞に手が届くまでもう一歩のところまで来ているような気配はあります。降級してから1400m戦を二勝して昇級していますんで「実は1400mの方がベスト距離だったんだね。」というオチもあるかもしれない可能性を秘めた馬です。おさえておきたい一頭といえます。
最後の一頭はシュウジです。現在6番人気。函館SSとキーンランドCで連続二着に加えてスプリンターズSで勝ったレッドファルクスに0.1秒差の四着とかなりの好走をしています。全部スプリント戦とはいえ過去にはデイリー杯で二着、朝日杯で五着という実績もありますから1400mも流れ次第では対応できる可能性はあります。前が速くならなきゃな…というところはあるのでエイシンスパルタンとミッキーアイルでスタートから叩き合い⇒ハイペース、とかいう展開になってしまったらシュウジも一緒に沈んでしまう可能性はあります。でもそれを割り引いても夏からスプリンターズSまでの三戦は成長分と実力を感じる三走でおさえたい一頭ではあります。

切ったけど気になるのはあと二頭
一頭はフィエロです。限りなく重賞勝利に近い実力を常に発揮しながら重賞未勝利のままここに至っています。秋競馬に入って近走は掲示板すら載らない走りではありますが、春は安田記念三着など実力の片りんは見せていますので、忘れたころにもしかしたら…があるかもなぁ、と思うところはあります。けど近走が昔ほどじゃないってところがあって切りました。
エイシンスパルタンもちょっと気になっていますが、二番人気のミッキーアイルがエイシンスパルタンと同じ脚質でやや不利かなということで切りました。けど切ったときに限って来たりするんですよねぇ…。

あといつも買っているトウショウドラフタ、ここじゃない感があるので今回は控えます。