読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

有馬記念、裏予想、世相馬券

広告

いくつか考えてみた世相から選ぶ馬を選ぶ記事です。まったくの裏予想です。

■アメリカ大統領選

オバマ大統領が初当選した2008年、勝ったのはダイワスカーレット⇒アドマイヤモナーク⇒エアシェイディでした。
ダイワスカーレットは風と共に去りぬから命名されたのですが、この映画が南北戦争を風に見立ててその「風と共に」、アメリカの白人貴族文化社会が消え去っってしまったことが由来になっています。大統領選っぽいスジですね。
で二着のアドマイヤモナークのモナークは君主の意味、エアシェイディはアメリカのミュージシャン、エミネムの愛称、というアメリカ尽くしの三頭で決まりました。

ということは、改めて話題になったアメリカ大統領選が世相馬券として出てくる可能性は大いにあります。
まず大統領の名前トランプからヤマカツ"エース"、トランプでエースです。エース自体にも最高の存在という意味がありますから世相馬券としてはうってつけな存在ですね。
この世相馬券ではアルバートも注目したいところです。アルバート自体は人名から取られている馬名なのですが、90年代の昔、ゴア副大統領という方がアメリカ副大統領だったですが、このゴア副大統領のファーストネームがアルバートなのです。
で、このアルバート、普通ならこじつけもいいところ、と言われてもしょうがないところがあるのですが、もう一つのポイントとなる接点があります。それが、大統領選を争ったヒラリークリントン氏です。そう、このゴア副大統領を任命した時の大統領が何とビルクリントン、時の大統領でヒラリークリントン氏の旦那です。
つまり、選挙戦そのままにのヤマカツエースがアルバートを競り落として勝つ、何てちょっと出来過ぎでしょうか?
次点には「成功の石」に由来するマリアライトと大富豪大統領ということで宝石名からサトノダイヤモンドを付けておきましょう。
これでいくと馬券はこうなります。
~世相馬券その1~
単勝:ヤマカツエース
複勝:アルバート
三連単ボックス(マルチ):4、11、15、16

ないな。普通に考えたら。

■ポケモンGOが大流行

ポケモンGO大流行していますね。これが日本だけならまだしも世界中で大流行しています。しかもグローバルでの公開が先行して日本は後発の公開という…。まるで日本馬同士を海外で種付けして持ち込み馬とか○外として走らせてるような感じですね。
さてさて、ポケモンの話はどう馬券に繋げるかと申しますと、ポケモンの名前じゃないですよ。以前にはトラストピカチュウとかトラストカイリキーとかポケモンの名前を持つ競走馬は存在してましたが、有馬記念には出てきていません。
ここはゲームソフトのタイトルです。
ポケットモンスターは数多くタイトルを発売していますが、そのタイトルに「ポケットモンスター hogehoge」という具合にサブタイトルがついています。いまのポケットモンスターだと「サン&ムーン」というサブタイトルがついています。
このサブタイトルを持っている馬がキタサン"ブラック"、サトノ"ダイヤモンド"、"ゴールド"アクター、デニム"アンド""ルビー"、の四頭です。
それぞれに、ポケットモンスター ルビー、ポケットモンスター ブラック、ポケットモンスター ハートゴールド、ポケットモンスター ダイヤモンド、というそれぞれのタイトルがあります、ルビーに至っては前述のルビーに加え、ポケットモンスター オメガルビー、というタイトルもあって複数タイトルがあるという、よってデニムアンドルビーは複勝で買うべしという見方ができます。。
あと、初代ポケモンの後にポケットモンスター赤・緑・青、という三タイトルが発売されたこともあります。ここも枠連として対応する色をおさえると、3枠4枠6枠でボックスすることになります。で、この中に唯一タイトル名と馬名が重なっていてなおかつこの三色の枠に収まっているがサトノダイヤモンドであることが分かります。
よってポケモン馬券での中心はサトノダイヤモンド、という結論に至ります。

というわけで、
~世相馬券その2~
単勝:サトノダイヤモンド
複勝:デニムアンドルビー
馬連ボックス:1、2、11、13
三連単ボックス(マルチ):1、2、11、13

■リオオリンピックと金メダルラッシュ

今年の漢字が「金」なのは夏季オリンピック開催年は「金」になる、という傾向というか一つのパターンになっちゃいましたね。つまりもれなく、金からゴールドアクターという単純な流れでしょうか、前回オリンピック年もゴールドシップでしたし。
ただその金メダルラッシュの中で印象的だったのが銀メダルですね、女王と呼ばれたレスリング吉田選手が歴史的な敗戦で銀メダルという大きな話題もありました。
絶対無理と言われていた短距離走、男子100メートルリレーの銀メダルもかなり話題になりましたね。ちなみに4レーンが優勝したジャマイカ、5レーンが銀メダルの日本 です。
馬番4番のヤマカツエースは前走"金"鯱賞で今年の"金"杯を勝っているじゃないですか。ゴールドアクターとヤマカツエースの金でいいんでしょうか。
そういや水泳だけで言えば、瀬戸"大也"選手が銅だから同じダイヤのサトノダイヤモンドは三着止まり、一方で"北島"康介選手が出れなかったオリンピックで同じ名前の萩野"公介"選手が金、なのでコウスケつながりのキタサンブラック勝利?ちょっと苦しいっすね。

こういった細かいところを気にし始めるとキリがなくなってしまいますので、単純に数合わせ、というのもありかもしれません。今年の漢字にもなった「金」のメダル数12から1番キタサンブラック、2番ゴールドアクター、12番サトノノブレス、
銀メダル数で8番ミッキークイーン、銅メダル21は12と重複するので割愛、合計メダル数41から4番ヤマカツエース、となる五頭ボックスから
~世相馬券その3~
馬連ボックス:1、2、4、8、12、
三連単ボックス(マルチ):1、2、4、8、12

■ほかには

他にはうまくこじつけられませんでしたが、まだまだ探せば出てきそうですな。