読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:中山10R-有馬記念

広告

せっかくだから、有馬記念はレース観戦直後ではありますが、振り返ってみます。
穴馬はやっぱりいらんかったですね。普通に考えて堅い馬券をガッチリ買っておきましょう、というレースでした。
いいレースが見れました。特にサトノダイヤモンド。

予想の結果:

1着:○11番:サトノダイヤモンド
2着:◎1番:キタサンブラック
3着:▲2番:ゴールドアクター
4着:△4番:ヤマカツエース
 …
7着:△15番:アルバート
8着:△6番:サウンズオブアース

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:1番:キタサンブラック=ハズレ
単勝:11番:サトノダイヤモンド=アタリ!
単勝:6番:サウンズオブアース=ハズレ
複勝:4番:ヤマカツエース=ハズレ
複勝:15番:アルバート=ハズレ
馬連:1-11=アタリ!
   1-2、1-6、1-4、1-15=ハズレ
ワイド:6-11、4-11、11-15、4-6、6-15=ハズレ
三連複:1-2-11=アタリ!
   1-11流し:4、6、15=ハズレ
   1-2流し:4、6、15=ハズレ
   2-11流し:4、6、15=ハズレ
三連単:1-11-2=アタリ!
    1-11-6、1-11-4、1-11-15、11-1-2、11-1-6、11-1-4、11-1-15=ハズレ

振り返って

ムスカテールが出遅れ、ただ、実はモニターにちらっとしか映っていないんですが、このムスカテールより致命的な出負けをしているのがデニムアンドルビーです。一瞬だから分かりませんが何かあったように見えます。

マルターズアポジー、武士沢JKがハナを切る。
キタサンブラックは控えて二番手
ブッシー大逃げしそうな勢いで1週目のスタンド前を通過していきます。

いつもの溜め逃げでキタサンブラック、二周目で既にサトノダイヤモンドが三番手、ゴールドアクターも好位置につけていますね。
この辺りはやっぱりキタサンブラックを気持ちよく前に行かせすぎたらイカンてことなんでしょうね。

二周目の三コーナーで徐々にキタサンブラックがマルターズアポジーと差を詰める
四コーナーにはもうほとんど差がなく馬体を併せている状態。

最後の直線

キタサンブラックが先頭に立つ、インでキタサンブラック。
これ今まで見た1枠1番のキタサンブラックの最後の直線そのもの。
ここからバテないのがキタサンブラックなんですね。しかしその外にぴったり合わせているのがゴールドアクター。
いや、しかし、ジャパンカップではここからゴールドアクターはキタサンブラックほど伸びていなかった。
それならゴールドアクターのさらに外、サトノダイヤモンドだ。徐々に差を詰めるサトノダイヤモンド。
ゴールドアクターの脚色はキタサンブラックとほぼ同じ。それに引き換え一歩ごとに徐々にゴールドアクターとの差を詰めるサトノダイヤモンドがとうとう直線半ばでゴールドアクターを捉えキタサンブラックに迫る。
どっち?
どっちなんだ?
残りの100m切ったところでサトノダイヤモンドがさらに伸びてくる、この三歳馬、やっぱスゴイよ、インの二頭相手に二段階目の末脚を使っているかの如く伸びて差し切ろうという勢い。
正直キタサンブラックとサトノダイヤモンド、どっちの単勝も持っていたし、三連単もどっちもアタマで買っているので、馬券的にはどちらが来ても大丈夫よ。

でも自然とサトノダイヤモンドを応援していた、やっぱ若い実力馬に有馬記念を勝ってもらうと来年の競馬が楽しみだし、凱旋門賞挑戦して大敗した上に故障したマカヒキが並みの馬じゃないってことにもなりますからね。

応援が実ったのか、サトノダイヤモンドはギリギリのところでキタサンブラックを交わす、交わしたところでゴール。
サトノダイヤモンドが勝った。

四着にはヤマカツエース、サインが満載でしたけども四着止まりでしたね。元々2000mベストの馬なのでこの四着はかなりヤマカツエースにとっては価値ある四着です。これだけの豪華メンバーで良く走ったもんです。
いま一つだったのはサウンズオブアース、前走の反動、ということにしておきましょうか。

単勝11番260円的中、馬連1-11が440円、三連複1-2-11安いけど的中で1,050円、三連単も的中ですよ、11-1-2で3,940円、まずまずの配当です。
ここでようやく気付くのですが、「あれ?サトノダイヤモンドって二番人気じゃなかったの?」そうっす、サトノダイヤモンドは知らぬ間に一番人気になっていたのでした。より配当が安くなってい…イヤイヤいいレースが見れたんですから野暮なことは言いますまい。

1番人気-2番人気-3番人気と人気どころで決着していますが配当は決して悪くなく、トリガミもしていません。複勝以外は購入した全種類の馬券が的中ですから、それで満足しておきましょうってもんです。きちんとプラスになってるのですし、なにより

「有馬記念を的中して終わり良ければ総て良し」

競馬ファンにとってはこれが一番重要なんですよ。