読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

気になるレース:今日は東京大賞典

気になるメモ

広告

明日は東京大賞典ですね。
あまり本格的に予想はできないのですが、ちょっとした分析などを。

一番人気アウォーディー

相変わらず順調なのか、アウォーディーが一番人気ですね。単勝1倍台のようです。
前走チャンピオンズカップはソラを使ったところを出し抜けにサウンドトゥルーの末脚に負けてしまった模様ですので、ここは万全の追い出しで勝ち切るように見えますね。半弟のラニがそうですが2000m以上なら大丈夫と思わせる安定感があります。ラニよりアウォーディーの方が距離に融通が利くタイプじゃないかと思いますね。
買うならアタマ固定で三連単、ってところですかね。

二番人気サウンドトゥルー

サウンドトゥルーは言わずと知れた昨年の勝ち馬、その後勝ちこそありませんでしたが常に好走、言うほど負けてないところでチャンピオンズカップ出走、当然一番人気ではありませんでしたが、アウォーディーがソラを使ったところをきっちり差し切り勝利、理想的なレース展開でGI制覇となりました。
多分評価が低い(単勝二番人気か三番人気)の理由は自分から動けない・レースを作れないところが引っ掛かっているというところですね。たぶん。
個人的なイメージですが、アウォーディーが自分から動いていけるのに比べてサウンドトゥルーは多少展開に左右されるようなところはあるような気がします。チャンピオンズカップも追い込み勢が掲示板に載っているような展開でしたので。
買うならここ一本を単勝一点買い&馬連でアウォーディーとノンコノユメやアポロケンタッキー当たりでヒモ荒れを想定した三点買いくらいですかね。

三番人気コパノリッキー

ホッコータルマエが引退しましたが未だ元気な古豪コパノリッキーがサウンドトゥルーと人気を競っています。言わずと知れた2015年フェブラリーSの覇者ですからね。同年にはJBCクラシックも制覇していますし、2016年にかしわ記念⇒帝王賞⇒マイルCS南部杯と三連勝した実力馬です。勝ち切るのか?と言われると去年は四着、一昨年は二着、なので「ペース次第」としか言いようがない所ですね。もし穴狙いをするのなら、前残りでアウォーディーが三着という前提でアポロケンタッキーとこの馬の一発を買うというのはアリかもしれません。

穴で気になる二頭

まずはアポロケンタッキー。
穴で、といっても現在5番人気なんですけどね、単勝が二桁倍率なので穴扱いです。
前走は強い競馬でした、自分で動けるしコパノリッキーと一緒に前残りするならこの馬、と見ています。あくまで前残りすれば、ですけどね。
みやこSはこの馬なりにつよい勝ち方をしましたし一見すると大敗してしまったブラジルCはちょっと特殊なレースとして度外視しておく方がよさそうです。チャンピオンズカップは5着と掲示板は確保していますし、1800mより2000mの方がアポロケンタッキーにとってベスト距離なのは明らかです。アウォーディー&コパノリッキーからおさえてもおもしろい存在です。
ただチャンピオンズカップはいつもより後ろの位置取りだったのでみやこSのときのようにコパノリッキーを射程圏におさめた位置取りが要求されると思います・
もう一頭はモズライジン、まだ重賞未勝利ですが、連下~三着扱いで狙うなら面白い存在といえます。前走の名古屋グランプリが初重賞挑戦で四着、マイルはちょっと忙しいかな、といえる距離で前走の2500mはちょっと長いかな?という距離、ちょうどいい2000m戦です。サウンドトゥルーとおなじタイプといえますのでサウンドトゥルーに向いた展開になったときにモズライジンが馬体を併せて一緒に上がってくるというケースが考えたシナリオです。となると、
直接対決していないモズライジン、勝負付けが済んでいる他の有力馬よりは"もしかして"の楽しみ方があります。あれこれ書いてますが現在7番人気で単勝が三桁倍率のオッズに惑わされているだけ、とも言います。

来年のダート王がここから生まれるのか?楽しみですね。日本の一年で最後のGI競走ですし。