読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:京都11R-京都金杯

広告

本命は当然の一番人気エアスピネルで、対抗に大外枠のガリバルディとマイル戦は堅実フィエロで迷いましたが…。

予想:

◎6番:エアスピネル
○18番:ガリバルディ
▲5番:フィエロ
△1番:ブラックスピネル

馬券は:

単勝:6番:エアスピネル
馬連:6-18、5-6、1-6
ワイド:5-18、1-18、1-5
三連複:ボックス
   1、5、6、18
三連単:6-18-5、6-18-1、6-5-18、6-5-1

考えたこと:

エアスピネルの新たなスタートをこの京都金杯から、といえるレースだと思っています。
エアスピネルは説明するまでもなく昨年のクラシック戦線を全て掲示板の好走で彩った世代のトップクラスの馬、しかし出るレースすべてであと一歩が足りない、というところで栄冠を逃しています。重賞勝利すらなかった2016年ですが、2017年は一年(以上)振りの重賞制覇からスタートしてもらいたいところですね。昨年の有馬記念で世代の実力が古馬トップクラスに通用するのはサトノダイヤモンドが実証済みです、一線級と差のない競馬を繰り返してきたエアスピネルならこのくらいのメンバーでも問題なく勝利できるように思えます。

対抗はガリバルディ、フィエロで迷いました。迷った結果ガリバルディにします。
ガリバルディは前走マイルCSで勝ったミッキーアイルから0.4秒差の七着と差のない競馬をしています。中京記念で重賞勝利してから力のあるところを見せてくれています。
特に前走はGIながら上がり三ハロンのタイムはメンバー中最速、GIでもやれるところを見せてくれています。メンバーが落ちるGⅢのここはさらに上の順位を狙えるように見えます。ただ大外枠というのはちょっと気になるところですね。
三番手予想はフィエロです。
フィエロはGIマイルCSでも勝ち馬から0.3秒差の6着、阪神Cは0.0秒差と全く差がない三着、基本的にマイルなら崩れない、というところを前走では1400mにも対応して見せました。中一週なのでレース間隔は詰まっていますが阪神Cの好走でここもやれるところを見せてくれそうな気配はあります。意外ですがGⅢ出走が初というのもちょっと気になるところです。今までGⅡ以上しか走ってなかったんですね。

どちらも馬齢はガリバルディ6歳でフィエロが8歳ですので年齢としては結構いっているのですが、この時期ですから高齢馬といえども侮れないところはあります。(要するに馬齢8歳といっても7歳と変わらない8歳という時期ですから)

おさえはブラックスピネル。
どのレースでもあとちょっとが足りないレースが続いていますが、それほど負けているわけではなく、いつ飛んできてもおかしくない状況です。特に前走は前目の好位追走のレースで勝ったマイネルハニーから0.1秒差の五着とかなり僅差で走っています。どのレースも勝ち馬から0.5秒以内で走り切っているところがなんとも不気味。おさえます。

切ったけど気になったのは
アストラエンブレムとミッキージョイです。
どちらも準オープンからの昇級馬、特にアストラエンブレムは現在2番人気と人気を集めている馬ですしローテも叩き二走目と走りごろのローテーションで重賞を取りに来ているのがありありと伝わってきます。相手関係は強化されることになりますが、この馬も同じ4歳馬であり、エアスピネル56.5キロに対してアストラエンブレムは54キロと斤量が恵量なのも魅力ではあります。
ミッキージョイは秋風Sこそ大きく崩れてしまいましたが、それ以外のレースでは安定しており鉄砲の秋風S以外では連対を外していないところが魅力の馬です。鉄砲で大敗してからはここが前走市川Sから約一カ月間隔での理想的なローテで出走ですし、相手関係もそれほど悪くないと言うところはあります。

ただ、今回はGIや重賞戦線で戦ってきた馬を中心にしました。準オープンからの昇級馬はちょっと外しておきます。