読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:中山11R-ポルックスS

広告

土曜メインはポルックスSダート1800m、トラキチシャチョウが登録していましたが回避したのかな…名前が見えません。

予想:

◎5番:センチュリオン
○14番:ジュベルムーサ
▲8番:バスタータイプ
△1番:タムロミラクル
△6番:メイショウスミトモ

馬券は:

単勝:5番:センチュリオン
複勝:1番:タムロミラクル
複勝:6番:メイショウスミトモ
馬連:5-14、5-8、8-14
ワイド:1-5、5-6、1-14、6-14
三連複:ボックス
    1、5、6、8、14
三連単:5-14-8、5-14-1、5-14-6

考えたこと:

ちょっと自信がなく点数を控えめの予想です。

本命はセンチュリオン。準オープン勝利後の昇級初戦です。昨年の3月にも準オープン勝ちからアンタレスSに挑戦しシンガリ負け、勝ったアウォーディーから3.1秒も引き離される思い切った負けです。ここまでオープンクラスでは実績が残せていない状況ですが、前走の北総Sが強かったのとその前走が今回と同じ中山1800mの舞台です。と、いうより勝ち鞍すべてが中山1800mという中山巧者、中山1800mでしか勝てないんじゃないかってくらいの成績です。
ここで得意の中山1800mで連勝というのももしかしてあるんじゃないかと踏んで本命です。この距離とコースなら重賞もありますんでここ勝って次走マーチSで三連勝狙いと行きたいところですね。
対抗はジュベルムーサにしました。
近走はそれほどよくありませんが一昨年のエルムS勝ち馬で、オープンに昇格した時は中山1800m戦で連勝したあとマーチS(2014年)で勝ち馬と0.1秒差の二着に好走しています。そこから中山1800mを走ることがなかったのですが、今回久々の得意コース&距離に戻って一発あってよさそうに見えます。本命センチュリオンとの差は重賞実績があるので斤量58キロがちょっと気になるところですね。

三番手は一番人気のバスタータイプをおさえておくようにします。
休養明けとはいえ鉄砲実績[1-0-0-0]と走らないわけでもないですし、何といっても去年の1000万下から一気に三連勝でオープン特別勝利してからのマーチSの二着が光っていますね。中山1800mに限らずこの馬は全成績がダート1800mというちょっと変わった馬です。休養明け初戦なのでちょっと割り引きましたが、一番人気ということで一番能力高いというのは間違いなさそうです。

連下の穴でタムロミラクルとメイショウスミトモをおさえにします。

タムロミラクルは現在6番人気~7番人気といったところをウロウロしています。準オープン勝利までは安定そのものの競馬でしたが、前走みやこSでちょっといま一つな競馬となってしまいました。ただ、前走は大外枠、今回は最内枠ということで走りに変化があってもおかしくありませんし、みやこSはチャンピオンズカップを意識したライバル馬が多数出走していましたがメンバーが台分落ちるここでなら好走はありそうです。
メイショウスミトモはさらに人気を落として9番人気~10番人気あたりです。
前走は7着と負けているように見えますがグレンツェントとトラキチシャチョウが抜けていたレースで三着ブラゾンドゥリスからは0.2秒差という僅差の7着になります。三着からはそれぞれハナ⇒1/2⇒クビ⇒ハナという着差でメイショウスミトモがゴールしており、三着とのブラゾンドゥリスとの差はほとんどないといっても過言ではないくらいの着差です。それでいて10番人気の低評価ということであれば結構配当的にも期待できますし、4走前には同じ中山1800mのラジオ日本賞で勝利しているという好走歴を考慮して穴でも狙ってみたい一頭です。

ここまででお気づきと思いますが、今回はピットボスやドリームキラリあたりも気になりますし交流重賞で好走しているタマノブリュネットあたりもきになるということで、まったく絞り切れなかったので中山ダート1800mの適正というポイントで頭数を絞り込むという取捨をしました。