読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:東京11R-白富士S

広告

土曜日東京メインはオープン特別の白富士S。

そういやこのレースの予想記事、ロンギングダンサーを誤ってロギングダンサーと表記していました。恥ずかしい…。ちなみに馬券の結果もちょっと恥ずかしい。

予想:東京11R-白富士S - SpecialなWeekを目指す競馬日記

予想の結果:

2着:△14番:サクラアンプルール
3着:▲11番:プロフェット
 …
5着:◎6番:ケツァルテナンゴ
 …
11着:○9番:ロギングダンサー

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:6番:ケツァルテナンゴ=ハズレ
馬連:6-9、6-11、6-14=ハズレ
ワイド:6-9、9-11、9-14=ハズレ
三連複:ボックス
    6、9、11、14=ハズレ
三連単:6-9-11、6-9-14、6-11-14=ハズレ

振り返って

ファンファーレからスタート遅かったなぁ…。
各馬がゲートに入ってから、ちょっと間が空いたところでようやくスタート、サムソンズプライドがハナに行きます。

ロンギングダンサーも先頭集団につけているのが見えました。

サクラアンプルールが中団に居て、その後ろくらいにプロフェット、後方集団に居るプロフェットと同じくらいの位置に本命のケツァルテナンゴもいるのが見えます。

道中はあまり動きはなくサムソンズプライドが先頭のままレースは四コーナーまで進みます。二番手には人気どころのマイネルラフレシアの姿も見えます。

そして四コーナーでサクラアンプルールが外に回してるのがみえました。これはお終いの勝負ですね、期待してしまいます。

直線に入って、先頭はサムソンズプライドが粘っている状況ですが外からサクラアンプルールが差しこんできます。
さらに外からはプロフェットが、おおっ、これはイイ感じじゃないか。あとはケツァルテナンゴがくればいいんだけど…
と思ってケツァルテナンゴの姿を探していたら、インから抜け出してきたのが白い帽子のスズカデヴィアス、あ…。

インの先行集団の中でジーッと我慢していたスズカデヴィアスが直線で前の壁を捌いて一気に抜け出してくるのが見えました。
人気のスズカデヴィアスは直線半ばまでは包まれたようにみえていたのですが、残り200m超えた辺りで前を行く二頭の隙間にスッと入り込みそのまま脚を伸ばしてゴーサイン、サクッと二頭を交わして先頭に立ちました。
外から差してきたサクラアンプルールは直線でいったん抜け出して先頭に立つものの、スズカデヴィアスのイン抜け強襲でかわされてしまい、クビ差の二着でゴールイン。三着はさらに後ろから行ったプロフェットが逃げ粘るサムソンズプライドを捉えてゴール。

むぅ…。二頭はイイのですが、勝ったスズカデヴィアスは勝っていませんでした。
本命にしたケツァルテナンゴは四コーナーを回っているところでちょっと馬群に置いてかれ気味になったのが最後の届かずの差になったような気がしなくもないです。四コーナーで最後方に下がってしまいました。上がり三ハロンのタイム自体はメンバー中最速の33.1秒プロフェットと同タイムで追い込んできてはいます。ただ、四コーナー付近での位置取りのが最後に出てしまってサムソンズプライドを捉えきれなかった五着に終わってしまいました。

あとで見て知ったのですが、スタート直後にライズトゥフェイムが内に切り込んできていてプロフェットがグッと下げて衝突回避、かわしていました。スタート直後だから取り返しが効く不利だったとはいえ、プロフェットが後方待機だからちょっと変だなぁとは思っていたんですよね。とはいえ上がり三ハロンのタイムは最速をマークしたプロフェット、後ろからでも走れますね。