読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:中山11R-中山記念

予想

広告

人気馬二頭を中心にちょっと穴目を狙っていきます。それほど高配当にはなるまいと思いますが。

予想:

◎7番:アンビシャス
○4番:リアルスティール
▲1番:ネオリアリズム
△3番:ヴィブロス
△9番:ロゴタイプ

馬券は:

単勝:7番:アンビシャス
単勝:1番:ネオリアリズム
複勝:9番:ロゴタイプ
馬連:4-7、1-7、1-4
ワイド:3-7、7-9、3-9
三連複:1-4-7、3-4-7、4-7-9、1-3-7、1-7-9
三連単:7-4-1、7-4-3、7-4-9、7-1-3

考えたこと:

正直堅いレース、一番人気のアンビシャスが中心です。
昨年キタサンブラックを退けて快勝した舞台である大阪杯勝利を目指して始動、らしいです。ここは休み明けとはいえ去年ドゥラメンテ相手にクビ差の接戦をした中山記念ですから恥ずかしいレースにはならないはず。
鞍上もルージュバックと0.0秒差だった毎日王冠二着の時のヤネ、ルメールJKでえすから期待が持てます。ただ鉄砲実績[0-2-0-1]悪くはないのですが勝ち鞍がないところが気になるところではあります。

対抗にはリアルスティール、こちらも休養明けでの参戦となります。
ジャパンカップ5着がちょっと負け過ぎ感がありますが、距離の壁と見てここは走ってくるだろう、という狙いです。1800-2000m戦ならトップクラスのメンバーでも勝ち負けしておかしくない実力馬です。天皇賞秋がそれを物語っています。
正直アンビシャスとリアルスティールは他馬よりも頭一つ実力が抜けている印象です。

一発ありそうな馬としてネオリアリズムです。
去年は香港マイルと函館記念こそ崩れたのですが札幌記念はモーリスに0.3秒差を付けて勝利、マイルチャンピオンシップも三着とはいえ勝ったミッキーアイルには0.1秒差と全く差のない競馬、とこの二戦だけでもかなり評価できる実力は持っています。開幕週の最内枠で隣の枠に逃げ馬のマイネルミラノ、もしハナに行く馬がいなければハナを切ってもいいですし控える競馬もできる強みから、うまく先行からの流れ込みがありそうな感じはします。

連下のおさえまでにヴィブロスとロゴタイプです。

ヴィブロスは切れ味が身上の馬、前残りでなかった場合、浮上してきそうな馬です。ダントツ人気馬のアンビシャスとリアルスティールと同系の脚質でその二頭から一緒に上がってきてもおかしくない実力は持っています。ただ、評価できるレースが紫苑S二着と秋華賞の勝利しかなく、牡馬相手にどれくらいできるかはこのレースの結果次第なところはありますので、印は多少控えめで。
ロゴタイプは正直いつ走るか分からないところはありますが、去年は7着と残念な競馬とはいえ、一昨年二着に三年前も三着と中山記念は実績を残しています。高齢馬ですがハマれば、ということで。

切ったけど警戒しておきたいのはツクバアズマオーです。
中山は5勝している得意コース、加えて去年の夏のローカルで善戦してから本格化の気配があります。
ロゴタイプより馬券的におさえなきゃいけないのはもしかしたらツクバアズマオーかもしれませんね。