読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:中山11R-弥生賞

広告

コマノインパルスとカデナでどちらを中心にしようか迷うレース。

予想:

◎7番:コマノインパルス
○11番:カデナ
▲4番:ダンビュライト
△9番:ダイワキャグニー

馬券は:

単勝:7番:コマノインパルス
馬連:7-11、4-7、4-11
三連複:ボックス
   4、7、9、11
三連単:7-11-4、7-11-9、11-7-4

考えたこと:

人気馬中心としたので、点数は少なめです。

本命はコマノインパルス
使っている強みからカデナより上位としました。
何せ三戦連続で中山2000m、結果も残しているというこの馬なら弥生賞の中山2000mこそ絶好の舞台、とみえるようなものです。京成杯も後ろから徐々に進出して二着と差がなかったとはいえ勝ちは勝ち、弥生賞も同じような走りで期待が持てます。

対抗はカデナ、この馬が一番人気かなぁと思っていたら意外にも500万から昇級した初戦のダイワキャグニーが一番人気になっていて拍子抜けしています。
京都二歳Sで快勝しここまで休養してきました。トライアル戦ですし無理をする必要はないので一杯に仕上げてくることはないでしょうが、能力でここは勝ち切る可能性もあります。休み明けとはいえ要警戒ですね。

三番手にはダンビュライト、朝日杯こそ大敗していますが、その前後の重賞では好走しています。重賞なら好走するタイプと見ています。
デビューが不良馬場で二着好走のサウジアラビアロイヤルCは稍重、前走三着と好走したきさらぎ賞は重馬場と、ホントはただの道悪巧者?と言う可能性もありますが、ここは一種の試金石となります。皐月賞に出る逸材なのかどうかを弥生賞で見極めたいですね。

おさえにダイワキャグニー、現在一番人気です。セントポーリア賞圧勝でここ二進んできました。
そのセントポーリア賞で0.3秒差を付けたエトルディーニュが先月の共同通信杯二着、元々札幌2歳Sなどの好走歴があったとはいえ、重賞で連対するほどの実力馬を500万下のレースとはいえ0.3秒差で下した、というのは重賞級の器、と言われているのもなんとなく分かります。
ただ、個人的にはまだ実力は懐疑的なところがあります。一番人気ってのもちょっとピンときません。

と、このように弥生賞、堅そうなんですね。なので馬券は点数を絞って少な目で勝負です。