読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:阪神11R-チューリップ賞

広告

ソウルスターリングは予定通りの強い競馬、ですが二着にはまさかのミスパンテール、久々で重賞好走という。

予想の結果:

1着:◎10番:ソウルスターリング
 …
3着:▲3番:リスグラシュー
4着:○1番:ミリッサ
 …
7着:△5番:アロンザモナ
 …
10着:△4番:エントリーチケット

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:10番:ソウルスターリング=アタリ!
単勝:1番:ミリッサ=ハズレ
馬連:1-10、3-10、1-3=ハズレ
ワイド:4-10、5-10、1-4、1-5=ハズレ
三連複:ボックス
   1、3、4、5、10=ハズレ
三連単:10-1-3、10-1-4、10-1-5、10-3-1=ハズレ

振り返って

スタートは各馬順調なスタート、カワキタエンカがハナに行こうとするところを、外からワールドフォーラブが押してハナにいきます。
二番手に下がったカワキタエンカに並走するようにエントリーチケットが追走しています。ちょっと前のワールドフォーラブに阻まれて走りにくそうにしてるのが見えました。
エントリーチケットのちょっと後ろに断然人気のソウルスターリング。
ソウルスターリングの一馬身~二馬身程度後ろにミリッサが控えています。両馬ともいい位置で競馬を進めているように見えます。

三コーナーから四コーナーに掛けて徐々に馬群が縦長になってきます。
先頭のワールドフォーラブと12番がレースを引っ張っていますが、三番手以降はちょっとその二頭から離されるような展開。
ただ先行馬集団の中にはエントリーチケットとソウルスターリングが居ますので、前残りになったとしてもたぶん大丈夫、と自分を言い聞かせて四コーナーを見つめます。

四コーナーから最後の直線に入ってきました。

最後の直線でカワキタエンカがワールドフォーラブに並びかけていきました。
穴でねらったエントリーチケットも先頭を窺っているように見えます。
注目のミリッサはうまく外に持ち出せたようで、ここから末脚を利かせてきそうな勢い。
ソウルスターリングは前に居た分壁になる馬が少なく、外目から一気に先頭に立ちそう、そこから一馬身程度遅れてさらに外からミリッサが追っているのが見えます。

残り200mのハロン棒を過ぎると、ソウルスターリングが敢然と先頭に立ちます。やっぱ強いな、この馬。

二番手にはインの2番が粘っていますが、リスグラシューが差し切ってしまいそうな勢いで伸びている姿が見えますし、三番手横一線に並んでいる三・四頭の中にはミリッサの姿も見えます。ちょっと着順違いになるかもしれませんが、的中は目の前。

そう思っていたら、大外から一気に脚を伸ばしてきたのは、ミスパンテール。
ミ、ミスパンテール、ですと?

ソウルスターリングが後続を引き離すところで、ようやく馬群から抜け出したリスグラシューを一気に大外のミスパンテールが差し切ってしまいました。
ソウルスターリングが先頭でゴール、二着はミスパンテール、結局リスグラシューが三着でそれに続くのがミリッサ、四着に終わりました。

…。
ミスパンテール、ですかぁ…。
札幌の新馬戦は確かに強かったように見えます。メンバー中上がり最速で差し切るという内容、調教もそれほど強くやっていない状況で圧勝という能力の高さを見せつける新馬戦でした。
とはいえ、昨年の7月から全く出走せず久々のレースでいきなりの重賞挑戦で、しかもメンバーが揃った桜花賞トライアル、となると、ちょっと狙えませんでしたね。予想が甘かった。

ガチガチ一番人気の単勝150円が的中のみ。厳しい結果です。