読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

競馬雑学:穴狙いパターン3選

広告

ちょっと知ってるだけで玄人っぽい会話ができるようになる雑学。

今日は本ブログで穴狙いした結果、的中したパターン3選をご紹介します。

的中しない穴狙い

まずは的中実績がない穴狙い予想のパターンをご紹介します。

  • 穴馬から穴馬を狙う、大穴狙いの馬券

1年やってきましたが、これは一切的中していないパターンの予想になります。
穴から穴だと当然大穴ですからね。確率は低いので無理もなし、というところでしょうか。

いちばん夢が見れるんですけどね…。

穴狙いパターン

一方で的中している穴予想は以下の3パターンに分類されます。

  1. ヒモ穴狙い
  2. やや人気・穴人気から穴馬へ
  3. 単穴の一発狙い

一個づつ見てみましょう。

1)ヒモ穴狙い

ヒモ穴狙いは堅い人気馬(1・2番人気)から穴馬に流すパターンです。
2016年の実績では菊花賞に代表されるような的中パターンがいくつかあります。

振り返り:京都11R-菊花賞 - SpecialなWeekを目指す競馬日記

的中率を上げるために、かつ一着⇒三着や二着⇒三着だった時の対策として馬連と同じ組み合わせでワイドもおさえることがあります。例の菊花賞では穴のレインボーラインをワイドで厚めにおさえることで好結果を生み出せました。
この狙い方だと、人気馬絡みでも高配当が狙えるところがポイントです。馬連・ワイド馬券で的中率を上げつつ、複勝では配当が低いケースでもある程度のオッズが期待できることがメリットです。複勝で5倍~10倍切るくらいの穴馬であってもワイド馬券だと何十倍というオッズがついていることが多く、ワイドで妙味が出る買い方ですね。

2)やや人気・穴人気から穴馬へ

2016年のハッピーエンドカップで三連単的中のパターンがこれです。

振り返り:中山11R-ハッピーエンドC - SpecialなWeekを目指す競馬日記

一番オッズが期待できるので破壊力抜群の三連単です。これはしかし点数が少ないとなかなか的中しません。なので少額投資で馬券を予想する際にはボーナス程度で考えておくのが無難です。
なんどか予想した馬が1着から3着、ないし掲示板独占、ということがありますが、このときに馬券を外してしまうとちょっと寂しい気分になっちゃいますね。
その分、きっちり三連単的中できたときは格別です。
おっと、気分の話ではなく、ですね。
穴から穴の組み合わせではかなり的中率は落ちてしまいますが、人気馬をアタマにした流し先に穴馬を組み合わせると(本ブログでは)ある程度的中している傾向があります。と、いうことは人気馬二頭でガッチリ決まっても三着に穴馬が飛び込んでくれればある程度の配当は期待できますし、二着が4番人気~6番人気くらいの微妙な人気であればなおさらに配当が期待できる、ということですね。
人気馬の実力を見定めて、弱みがあればより強みがある馬のハマる展開を期待して予想の印を変更することもあります。

3)単穴の一発狙いor複勝勝負

これは言うまでもなく、単勝なら4番人気以下で穴狙いするという狙い方です。
複勝だともっと範囲が広く、二桁人気を狙う時もしばしば。
2016年のエリザベス女王杯辺りが成功事例です。

振り返り:京都11R-エリザベス女王杯 - SpecialなWeekを目指す競馬日記

このレースでは単穴でおさえたシングウィズジョイが勝ち切ってしまったレースです。単勝買っておけばよかったなぁと後悔した覚えがあります。(単勝12番人気61.6倍)
こういう一発ありそうな穴馬を単勝や複勝で狙っていくのも悪くない狙い方です。なにせ点数を抑えることができますから。
本ブログでは一ケタ人気までは単勝、二桁人気なら複勝、という判断を割としていますので上記のシングウィズジョイは買えなかった、という格好です。
複勝で10倍台で狙えそうな穴馬がいれば複勝で、というのはありですね。
あとは力があるけどペースとか展開がハマらないと馬券にならない、みたいな
「条件付きで強い馬」
が、人気なければその穴馬がこのパターンで勝負、です。

穴パターンは人によって様々ですね。