読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:阪神11R-フィリーズレビュー

広告

堅いレースだろう、という予想のもと人気馬三頭を点数は控えめに予想しています。

予想:

◎15番:レーヌミノル
○6番:ジューヌエコール
▲16番:カラクレナイ
△4番:フラウティスタ

馬券は:

単勝:15番:レーヌミノル
単勝:16番:カラクレナイ
馬連:6-15、15-16、6-16
ワイド:4-15、4-6
三連複:6-15-16、4-6-15、4-15-16
三連単:15-6-16、15-6-4、15-16-4

考えたこと:

堅そうなレースです。上位人気三頭でアッサリ決まっておかしくないレースです。

本命はレーヌミノル、現在二番人気のようですが当日たぶん人気して一番人気になるんじゃないかなぁと思います。
阪神JFまでの重賞レースの戦歴からこのメンバーでは一枚抜けています。
クイーンCはちょっと謎の四着に終わってしまいましたが本来ハナを切るタイプでないところに押し出されるようにスタート直後から先頭にたってそのまま押し切る競馬をしてしまった影響のような感じはします。小倉2歳Sの予期のように能力で押し切るレースができなかっただけ、と結論付けています。
今回はさすがにベルカプリやアズールムーンなどのハナに行きたい馬がいますからレーヌミノル自体は控える競馬をするでしょうし、三番手四番手くらいで先行してそのまま前を交わしてゴールイン、という競馬は阪神JFでやっていますので問題なくここも立ち回れるんじゃないかと。

そんなレーヌミノルのレースを考慮して、対抗はジューヌエコールにしました。
デイリー杯2歳Sがそれほどレベルが高くなかったんじゃないか、という感じは多少ありますけども、他のメンバーの戦歴から言って500万下勝ちあがったばかりだったりまだ500万下を未勝利だったりする馬が多い中でオープン特別ききょうSとGⅡデイリー杯の勝利は評価できます。
またレーヌミノルが逃げ馬を見ながら競馬を進めるという点から同じような位置取りで競馬するジューヌエコールにも展開は向くんじゃないか、というところでレーヌミノルとジューヌエコールの二頭で本線とすることにしました。

三番手は、差し馬台頭のレース展開だった場合、これを考慮して人気の一角になるであろうカラクレナイをおさえておきます。現在二連勝中で休養明け初戦となります。何せ父がローエングリンの産駒、ファンとしては熱い視線で見てしまいます。
おそらく中団で控えてドンと差し切る競馬。一発あってもおかしくありませんが、いかんせん展開が向かない可能性はたぶんにあります。
先行する有力馬二頭を捉えきれない可能性も感じますので、500万下勝利直後でどこまでできるかはこのレースでまさに「レビュー」することになりますね。
ここで末脚勝負で一発あるようなら本番の桜花賞も楽しみな存在になってきますね。

おさえは穴目でフラウティスタにしました。
ダート二戦二勝で何とも不気味なタガノカトレアと迷ってこちらにしています。
※タガノカトレアも三着ならありそうな雰囲気を出していますが、芝見出走で全く未知数なのと、二戦二勝のダート戦も重馬場と稍重と良馬場でない、という点が少々引っ掛かってやめました。
フラウティスタは前走500万下でベルカプリから0.7秒差の7着と結構負けていますが、前走はペースもスローでしたし道中で掛かっていたという話もあってロスが多かった印象です。前走は度外視して狙ってみたい一頭です。
お終いの勝負ならカラクレナイと一緒にフラウティスタが浮上してきてもよさそうなレースに見えます。何せ前走勝ったベルカプリはアズールムーンとうまくやり合わないように折り合い付ける必要があるのですが正直言ってどっちも譲るようなタイプに見えません。
そうなると前が速くなって末脚勝負になる、と言う可能性もあって、そうなればようやく穴馬の出番になるんじゃないかなぁ、というところを狙ってフラウティスタです。個人的に差し追い込み馬でよさそうなのはこのフラウティスタとタガノカトレアくらいしか馬券になりそうな馬が見当たりませんでした。(個人的には)