読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:中山11R-中山牝馬S

予想

広告

今週日曜は牝馬ウィークですね。中山は堅実マジックタイムが本命です。
毎年伏兵が台頭するレースですので、こちらも人気馬二頭を中心に穴馬を狙っていきます。

予想:

◎13番:マジックタイム
○16番:パールコード
▲7番:プリメラアスール
▲4番:トーセンビクトリー
△12番:ヒルノマテーラ

馬券は:

単勝:13番:マジックタイム
複勝:7番:プリメラアスール
複勝:12番:ヒルノマテーラ
馬連:13-16
ワイド:4-13、7-13、12-13、4-16、7-16
三連複:二頭軸流し
  13-16流し:4、7、12
三連単:13-16-4、13-16-7、13-16-12

考えたこと:

人気二頭から穴へ流す予想です。

本命は人気馬マジックタイム、おそらく一番人気です。
去年のダービー卿CT勝利の他、オープン特別ターコイズSも勝ちました。しかもこのときの二着馬レッツゴードンキは先月の京都牝馬Sを快勝しています。マジックタイムの地力は上位と見れます。府中牝馬Sでもエリザベス女王杯を勝つクイーンズリングに0.2秒差という僅差の競馬、1800m戦でもやれるところを見せてくれていますし、牝馬限定戦となると実績上位の感はあります。

対抗はパールコードにしました。
但し休養明けという点が気になります。二走目の方がよさそうに思えますが走れるほど仕上げていれば昨年の秋華賞二着にエリザベス女王杯四着の実力がモノを言います。しかも休養明け初戦の一戦一敗は紫苑Sなので前が詰まるような不利受けていて正直鉄砲駆けするのかどうかあのレースだけでは判断つきません。
秋華賞二着のレース振りを見ると紫苑Sも見せ場あったんじゃないかなぁというのは思うところ、さらに馬体重が紫苑Sは+16キロと大幅増だったのが秋華賞は-10キロと絞ってきていました。
当日の馬体重も要注意ですね、馬体重によっては評価を落としてもいいのかもしれません。

三番手は▲トーセンビクトリーと▲プリメラアスールで絞れませんでした。
この二頭は動機は全く同じ動機です。
逃げ馬だから、という理由です。
ハナに行く馬のどっちかは三着までに絡むんじゃないか、というのがなんとなくです。
二頭とも共倒れになるか、どっちか一頭は逃げ粘って三着にはいるんじゃないか、というところを想定しています。トーセンビクトリーは休養明けですが鉄砲実績もありますし、元々ローズS三着という重賞実績を持っている馬。決して地力がないわけじゃありません。近二走はハナを切って準オープンを勝利、続くオープン特別も8着ですが0.4秒差とそれほど離されていません。
プリメラアスールはやっぱ去年のエリザベス女王杯でハナを切って五着に逃げ粘った実力を評価して、と言うところですね。こちらも前走の愛知杯は9着に敗退していますが勝ち馬とは0.5秒差とそれほど大きく負けているわけでもあります。
二頭とも展開がハマるかどうか、というところが勝負の分かれ目となってハマらなきゃ惨敗、という脆さがありますが、一発あってもおかしくないように見えます。

最後のおさえの穴馬ヒルノマテーラは、お終いが活きる展開になったときのおさえです。
対抗から単穴までは前に行く馬で固めてしまいましたが、本命のマジックタイムは差し馬なので後ろから行く馬の台頭はあってもおかしくありません。
そうなった時に、1800m実績としてオープン特別カシオペアS勝ちのヒルノマテーラをおさえたいと考えました。チャレンジCも勝ち馬から0.4秒差と10着という着順ほど負けてはいませんし、1800mなら結構走れるんじゃないかと。
2000m戦でもマーメイドS二着、道中14番手から一気に追い込んで勝ったリラヴァティと0.0秒差でゴール、という実績もあります。人気薄のここで一発末脚勝負がハマる、ということもあるかもしれません。想定では届かずの三着。