読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:阪神11R-阪神大賞典

広告

サトノダイヤモンドなしではハズレるレースですね。

予想:

◎9番:サトノダイヤモンド
○3番:シュヴァルグラン
▲6番:レーヴミストラル
△4番:トーセンバジル

馬券は:

単勝:9番:サトノダイヤモンド
馬連:3-9、6-9
ワイド:4-9、3-4、4-6
三連複: ボックス
   3、4、6、9
三連単:9-3-6、9-3-4

考えたこと:

当然の単勝一倍台での一番人気、サトノダイヤモンドで堅いレースですね。
当然の本命はサトノダイヤモンドです。
すべての要素は凱旋門賞に向かっていると思えるローテ、そのうち阪神大賞典もその要素の一つなんだろうと思いますね。
まずは目前の目標となる天皇賞春のため休養明け初戦として定番・王道の阪神大賞典です。休養明け初戦で叩き台といっても勝負になりそうなものです。神戸新聞杯も勝っていますし。ただこの馬、実力があるから気づきませんが一回or難解か使ってからピークになるタイプなんじゃないかなぁ、って思います。実際神戸新聞杯はミッキーロケットに0.0秒差とかなり詰められましたからね。
とはいえ、実力があるから休養明け初戦でもポカすることもないだろう、ということで本命です。

対抗はシュヴァルグラン
一言で言えば、今の現役の中長距離戦線では有力な一角ですね。GI級の実力はあると思います。
アルゼンチン共和国杯をアルバートに勝利、3000m超のレースのアルバートの凶暴なまでの強さを見ると、アルゼンチン共和国杯でアルバートに0.1秒差しのぎ切って勝利したのはかなり実力の証拠といえそうに見えます。実際ジャパンカップでもキタサンブラックから0.5秒差の三着、有馬記念も六着と掲示板を外していますが、着差は0.5秒差とジャパンカップとそれほど変わりません。
中長距離ではかなり上位の実力があることがうかがい知れます。有馬記念からの久々が他の一回使っている馬とどれくらいの差になるかを考慮してもこの馬は一枚抜けていると思えます。

三番手はレーヴミストラル、単穴でなくて三番手、と言うところですね。
前走で大敗、これじゃだめか?と思いましたが、そもそも道中は最後方でポツンの競馬ですし、斤量も58キロと重め、勝った時は斤量は56キロですし斤量57キロ以上では結果が出ていないので今回斤量が56キロになるのはプラス材料と見ています。また前走は休養明けでここが叩き二戦目、去年の臨戦過程と違ってこっちが走りごろな状況なので追い込んで二着までならありそうに見えます。

おさえにトーセンバジル。
前走ジャパンカップでは11着と大敗していますが、クラシック路線を走っていた以前は弥生賞でサトノクラウンに0.7秒差の五着、京都新聞杯ではサトノラーゼンと差のない0.1秒差の僅差で四着、神戸新聞杯でも勝ったリアファルと0.7秒差とはいえ三着と複勝圏内に好走するほどの実力馬、前走ジャパンカップの大敗だけでちょっと判断できないところがあり、このメンバーなら複勝圏内に好走してもおかしくないとみます。