読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:中山11R-日経賞

広告

土曜の中山メインは日経賞、本命/対抗と外していますが、単穴が上手いこと引っ掛かり的中です。

予想の結果:

1着:▲13番:シャケトラ
2着:△11番:ミライヘノツバサ
 …
4着:○9番:レインボーライン
5着:◎12番:ゴールドアクター

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:12番:ゴールドアクター=ハズレ
単勝:13番:シャケトラ=アタリ!
複勝:9番:レインボーライン=ハズレ
複勝:11番:ミライヘノツバサ=アタリ!
馬連:9-12、12-13、9-13=ハズレ
ワイド:11-13=アタリ!
    11-12、9-11=ハズレ
三連複:ボックス
   9、11、12、13=ハズレ
三連単:12-9-13、12-9-11、13-12-9、13-9-12=ハズレ

振り返って

ジュンヴァルカンが出負けしたスタート。
インからヤマカツライデン、外からはミライヘノツバサがハナに行こうという構え。アドマイヤデウスがその二頭に続く、といった展開になりそうです。
ゴールドアクターはそれに続く四番手に位置取っています。
レインボーラインは中団、それよりちょっと後ろにシャケトラの姿も見えます。

スタンド前から一コーナー、二コーナーというところへ差し掛かり、ヤマカツライデンがハナを奪います。
向正面ではそれほどレースは動いていませんが、徐々に縦長な展開になっていきます。
三コーナーに差し掛かる前にシャケトラが徐々に順位を押し上げていきます。

四コーナーから最後の直線へ、ハナを奪っていたヤマカツライデンを捉えるようにミライヘノツバサが並びかけていきます。△評価とはいえ、イイ感じです。
その直後にはゴールドアクターもひかえています。インから抜けようとしているのかな?
大外に回したのはシャケトラです。レインボーラインは中団のインにまだ待機しているように見えます。包まれなきゃいいけどなぁ。

直線に入って、スッとヤマカツライデンを交わしたミライヘノツバサ、先頭に立ちます。
インからはゴールドアクターが脚を伸ばそうとしているのが見えます。これは前も壁になって居ないしイイ位置に見えますね。外を回したシャケトラも伸びています。
残り200mを切ったところで馬体を併せていたゴールドアクターとヤマカツライデンはゴールドアクターが前に出て先頭のミライヘノツバサを捉えようという構えです。相変わらず外からシャケトラも来ています。これ、いいんじゃないの?

その時、外から迫ってくるシャケトラ、そのインにゴールドアクターの二頭に加えて、その二頭のインへ一気に入り込んできたのがアドマイヤデウス、あ、アドマイヤデウスは買っていない。
予想に反して粘るミライヘノツバサ、粘り込むのか?
でも外からシャケトラ、この脚色がいい。
そしてゴールドアクターを差し切ってしまったのは、アドマイヤデウス。
アドマイヤデウスなのか…。
その数秒後、シャケトラがミライヘノツバサを差し切り先頭に立ちます。
そして、二着争いをアドマイヤデウスとミライヘノツバサが並んでゴール、接戦です。

そうか、そう来るか、▲-△で決まってしまいました。
おとなしく確定を待つことにします。

シャケトラの単勝13番が的中、730円、ミライヘノツバサの複勝11番が的中760円。
ワイド11-13が的中1760円
よく見ると、掲示板には4着に9番の文字、レインボーラインも来ていたのね。
五着にゴールドアクターの12番が表示されています。

アドマイヤデウス、だけの問題だったなぁ。
でも点数絞ったのでこれだけ的中でも大丈夫です。