読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2017:マーガレットS出走オールザゴーと大阪杯アンビシャス

広告

今週はGI大阪杯。競馬を始めてから去年まで、ずーっとGⅡだった名物中距離重賞の産経大阪杯ですが、とうとう春にはなかった中距離王決定戦として大阪杯がGIとなりました。
正直、あんまピンと来んです。

大阪杯

大阪杯は当然去年の秋三走で完璧な競馬をしたキタサンブラックが大本命となりそうですね。去年も産経大阪杯は一枠一番からの逃げで二着しています。
二着…。
そうですね。去年の大阪杯、キタサンブラックは負けています。アンビシャスに。
そのアンビシャスはというと、産経大阪杯のレース振りから一転、まったく勝てていません。去年の中山記念はドゥラメンテと0.0秒差と差のない二着したあと、続く産経大阪杯でキタサンブラックと差のない0.0秒差の勝利、ここまでは良かったんですが、宝塚記念は勝ったマリアライトから2.1秒も離される大敗を喫しています。
秋には立て直して毎日王冠でルージュバックと0.0秒差の二着、天皇賞秋は勝ったモーリスから0.6秒差、三着のステファノスからも1馬身離された四着、なんだかキタサンブラックに産経大阪杯で勝った馬としては少々物足りない成績に終わっています。
今年も中山記念から始動、勝ったネオリアリズムから0.2秒差の四着、三着ロゴタイプにクビ差で競り負ける四着です。天皇賞秋ではアタマ差だけ競り勝ったロゴタイプに負けちゃっていますねぇ、一番人気だったのに。
しかし、このレースで同じく始動したGI牝馬ヴィブロスは五着に敗れた後のドバイターフを見事に勝利していますからね。近年中山記念のレースレベルが上がっているという見方もできるかもしれません。とすると、ヴィブロス同様に休養明け初戦だったアンビシャスも叩き二走目の上積み十分な状態で大阪杯に出走してくるわけですから、去年の産経大阪杯の再現も十分に考えられる、というレースではあります。
今回は去年の鞍上だった横山典JKではなく福永JKでGI奪取に挑むようです、テン乗りですね。個人的に福永JKと横山典JKが主戦を務めた中距離GI馬というとカンパニーを思い出します。カンパニーは福永JKが鞍上で大阪杯勝利し、のちに横山典JKに乗り替わって天皇賞秋⇒マイルCSを連勝します。

う、何か変な感覚です。
もしかして、アンビシャスは逆パターンになるかもしれませんね。

マーガレットS出走、オールザゴー

リンク予想:予想2017:中山11R-スプリングS - SpecialなWeekを目指す競馬日記

リンク結果:振り返り2017:中山11R-スプリングS - SpecialなWeekを目指す競馬日記

この間は残念でした。
オールザゴー。
ここなら勝てるようなメンバーに見えます。
人気になりそうなのは紅梅S五着のラプソディーアに500万下勝利で昇級初戦のファンタジステラ、ここなら未完成なオールザゴーでも勝てるんじゃないか、というメンバー構成に思えます。オープン特別勝利の実績があるクインズサリナも近走はあまりぱっとしませんし、前走は前が速くなって前目の馬は総崩れ、差し追い込みが台頭したレースになってしまいました。と言っても後ろから行ったサトノアレスやトリコロールブルーは届かず掲示板確保が精いっぱいでしたが。
ゲートが課題なのは相変わらずでしょうけども、ゲートをうまく出たら後は気分よく走れば結果は付いてくるんじゃないかなぁと思います。繰り返しになりますが前走とはメンバーが違いますからね。