読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:阪神11R-大阪杯

広告

キタサンブラック、強かったですね。あの有馬記念の戦いは本物だった。
個人的には天も味方した、というか展開も味方した、という印象があります。

予想の結果:

1着:○5番:キタサンブラック
 …
4着:▲14番:マカヒキ
5着:◎12番:アンビシャス
6着:△7番:サトノクラウン

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:12番:アンビシャス=ハズレ
単勝:5番:キタサンブラック=アタリ!
馬連:5-12、12-14、7-12、5-14、5-7=ハズレ
三連複:ボックス:5、7、12、14=ハズレ
三連単:12-5-14、12-5-7、12-14-7=ハズレ

振り返って

晴れた阪神で第一回のGIスタート。
きれいに揃ったスタート、ロードヴァンドールとマルターズアポジーが勢いよく飛び出していきます。
スタンド前で早速ハナを奪ったのはやはり予想通りマルターズアポジー、2000m重賞をハナ切って逃げ切り二勝は伊達じゃありませんね。
続くのがロードヴァンドール、サクラアンプルール当たりの姿が見えます。
サクラアンプルールのちょっと後ろくらいにキタサンブラックの姿がちらっと見えました。その直後にはサトノクラウンも好位キープしているように見えます。
レースは向正面に差し掛かります。
マカヒキは中団よりやや後ろの位置、その半馬身後ろにはアンビシャスの姿も見えます。お終いが活きる展開になればこの二頭が叩き合いをするような感じはします。
レースは三コーナーから四コーナーへ。
相変わらずマルターズアポジーが結構な勢いで逃げています。二番手のロードヴァンドールをかなり引き離して一人旅。
四コーナーに差し掛かるところでアンビシャスよりも先にマカヒキが上がっていこうとしているのが見えました。外に持ち出して中団くらいには付けておこうというような動きに見えます。アンビシャスは相変わらずの後方待機、ちょっとマカヒキと差がついてしまったように見えます。この差がどうでるか、ちょっと心配になってきました。アンビシャス本命でよかったのか…?

四コーナーを回って最後の直線に入ってきます。
最終コーナーでマカヒキもアンビシャスも大外に回しているのが見えました。
後は前を捉えるだけ。
キタサンブラックも二番手のロードヴァンドールに並びかけて早くも先頭を狙おうという位置取りになっています。

最後の直線に入って、マルターズアポジーが先頭ですが、その外には脚色の良いキタサンブラックが迫っています。やっぱりキタサンブラックのレース運びは安定そのものですね。その外にはステファノス、ステファノスからちょっと遅れてサトノクラウンらしき姿も見えます。

直線半ばにして早くもキタサンブラックが先頭に立ちました。
二番手にはステファノス、ああーステファノスか~、天皇賞秋三着馬、ここでくるのか?

最後の直線200mを切ってもキタサンブラックは脚色が衰えることなく先頭をキープ、そして肝心の追い込み勢は全く姿を見せず…。
ステファノスに迫っているのはサトノクラウン、最後の最後にようやくゼッケン12番を背負ったアンビシャスの青い勝負服が大外から追い込んでくるのが見えました。

「こりゃ届かん」

思わず声が出ていました。

実はこの時点で、外から追い込んできた届かずのアンビシャスのちょっと前の位置にマカヒキが居たのですが完全に見落としています。
視線は外のアンビシャスと先頭のキタサンブラックを行ったり来たり。

そしてそのままキタサンブラックが、先頭でゴールインしました。

二着はステファノス、天皇賞秋の三着馬は重賞でいま一つの走りでもGIだと走るなぁ…という印象。
三着はヤマカツエース、二着も三着も勝っていない馬が…。
四着マカヒキ、五着アンビシャス、六着サトノクラウン、あー予想した馬がここで固まってしまっています。

後でJRAのサイトでハロンタイムを見てみたら
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0
前半1000mは59.6秒と決して速くも遅くもないのですが、前半のラップタイムは概ね12秒台、流れとしてはキタサンブラックに有利な流れになったような印象はあります。逆にアンビシャスやマカヒキのような後方待機組にはあまりうれしくない流れだったろうな、と思える展開。