読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:中山11R-ダービー卿CT

広告

むむぅ、堅いといっても二着三着、勝ったのは五番人気のロジチャリス、でした。

予想の結果:

2着:◎5番:キャンベルジュニア
3着:○8番:グランシルク
 …
6着:△15番:ダンツプリウス
 …
10着:▲16番:クラレント

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:5番:キャンベルジュニア=ハズレ
複勝:16番:クラレント=ハズレ
馬連:5-8、5-16、8-16=ハズレ
ワイド:5-15、8-15、15-16=ハズレ
三連複:5-8-16、5-8-15=ハズレ
三連単:5-8-16、5-8-15=ハズレ

振り返って

稍重の芝の中、見た感じ雨が降っていない空模様でスタート。

スタートは13番がちょっと出負け気味

クラレントが外から果敢にハナに出ます。二番手はスタートよかったロジチャリス。
そのちょっと後ろに本命のキャンベルジュニアが控えています。よさそうな位置取りに見えます。
ちょっと離れてグランシルクは中団待機。

レースはほぼ平均ペースでレースが流れます。

相変わらずキャンベルジュニアは先団のやや外でレースを進めています。いい位置だ。
三コーナーから四コーナーに差し掛かって、キャンベルジュニアは前を行くクラレントとロジチャリスを捉えにいこうと外目を進んでいきます。一番人気がこの位置取りで外回して快勝、というのはよくある流れです。これはもらったか?
最後の直線に入って、インは粘るクラレント、ちょっと離れた馬場の真ん中あたりにはロジチャリス、そして外からキャンベルジュニアが先頭に立ちます。

キャンベルジュニアが先頭に立ちましたが、おや…、いま一つ伸びきれないようです。ロジチャリスとデッドヒートのような恰好。ここでレースを引っ張ってきたインのクラレントはちょっと後退。
キャンベルジュニアは切れる脚持ってるはずなんですが、いま一つ伸びきれないよう。ロジチャリスと先頭を争っています。
ロジチャリスは切れる脚がないのかジリジリ伸びているように見えます。どっちも後続をパッと引き離し切れないようなお終いの伸びです。

そうこうしているうちに、後方待機組が徐々にこの二頭に迫ってきました。

外からマイネルアウラートやダイワリベラルが、インからはグランシルクが、徐々に迫ってきます。最後の200mで一気に混戦模様になってきました。
ここで馬券としては1、2番人気の馬連しか望みがありません。何とか頑張ってくれキャンベルジュニア&グランシルク、でもグランシルクがちょっと届かなそうな感じはします、インから抜けようとした分ちょっと馬群を捌くのに手間取ったのかも。

結局ロジチャリスが半馬身差、キャンベルジュニアを抑えてゴールイン、勝ったのはロジチャリス、二着はキャンベルジュニアとグランシルクとマイネルアウラートが接戦となりました。この時点で馬券はハズレが確定。

レースが確定後見てみれば、二着はキャンベルジュニア、三着はグランシルク、うーん。レースが堅いだろうというのは読みとして悪くないのですが、勝つ馬はちょっと見誤った、というところですね。