読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:阪神11R-桜花賞

広告

桜花賞はソウルスターリングの一強、これは異論ありません。ヒモで上手く穴を狙っていきたいですね。

予想:

◎14番:ソウルスターリング
○6番:リスグラシュー
▲8番:カラクレナイ
△2番:ライジングリーズン
△10番:レーヌミノル

馬券は:

単勝:14番:ソウルスターリング
複勝:2番:ライジングリーズン
複勝:10番:レーヌミノル
馬連:6-14、8-14、2-14、10-14
ワイド:2-8、8-10.6-8
三連複:14ながし
   14-:2、6、8、10
三連単:14-6-8、14-6-2、14-6-10、14-8-2、14-8-10

考えたこと:

桜花賞がやってきました。クラシック戦線の始まりです。

ここの本命はやっぱり逆らえない、ソウルスターリング。
四戦四勝、まったく他馬を寄せ付けない走りですべて勝ってきました。
阪神1600mのコースでは今までの実績が物語るように、ここは人気でも仕方ないところでしょう。オークスの距離になると変わってくるかもしれませんね。

対抗はリスグラシュー、前走のトライアルで三着、ちょっと評価が下がってしまいました。ただ、本番前の仕上げですし、ずーっと堅実に走っているのに変わりはありません。切れる馬なので良馬場でやりたいと思いますが昨日から雨、この辺りがどうでるかが気になるところです。出遅れてロスが多かった阪神JFでもソウルスターリングに0.2秒差に迫ったことを思えばこのレースだって、と思わせる逸材です。

三番手はカラクレナイ、本当はもっと評価を上げたいところでしたが、フィリーズレビューからの桜花賞はあまり良績がないので評価を下げることにしました。あとはマイル戦も初距離なのはちょっと評価を下げるポイントにはなります。
ただ、折り合いがついてきっちり末脚勝負をすればお終いの脚が伸びるのはここまでのレースで証明済みです。展開にもよってしまいますが後ろから一気に突っ込んで来る可能性はあります。勝ち切れないまでも。

連下のおさえには、穴のライジングリーズン、
ここまでアルテミスSを除いて三勝、内一勝は重賞のフェアリーS、前走はアネモネSでトライアル戦を制しています。従来通りなら人気の一角になって居てもおかしくない戦績の馬ですが、ここは不思議と人気薄、現在8番人気です。
穴をあけるならこの馬、とみています。

もう一頭、穴馬として、レーヌミノル。
当ブログでは何回も予想に入れて失敗してはいますが、本番桜花賞でもう一回だけ。
今回乗り替わり池添JKです。クイーンCはハナを切ってしまいましたし、前走のフィリーズレビューは道中で控え過ぎたような感じがあり、乗り替わりは好材料のように思えます。池添JKでちょっと変わり身ありそうな感じが。
人気薄のわりにはクイーンCはハナを切ったので複勝圏外に終わったというのもありますし、前走は負けたといってもカラクレナイの末脚に0.1秒差の二着ですからそんなに悲観的な内容というわけでもなさそうです。