読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:中山11R-ニュージーランドT

広告

負けました。点数を絞っていたのがせめてもの救いです。

予想の結果:

3着:◎16番:ボンセルヴィーソ
 …
5着:△15番:タイムトリップ
 …
8着:○10番:クライムメジャー
 …
13着:▲2番:ランガディア

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:16番:ボンセルヴィーソ=ハズレ
馬連:10-16、2-16、15-16=ハズレ
ワイド:15-16=ハズレ
三連複:ボックス
    2、10、15、16=ハズレ
三連単:16-10-2、16-10-15、16-2-15=ハズレ

振り返って

メイソンジュニアの好スタートでレースが始まります。
一方で外の方でゼッケン15番のタイムトリップが出負けしているのも見えました。
あまりうれしくないタイムトリップの残念なスタートを見ながら、気を取り直してボンセルヴィーソの気になる位置取りに注目します。

ハナを切ったメイソンジュニアに続くスズカゼ、前走は不完全燃焼でしたが今回はどうでしょう?
その外からスーッとタイセイスターリーと馬体を併せて前に取り付くボンセルヴィーソ。
いいですね。この走りですよ。ボンセルヴィーソがススーっと先頭のメイソンジュニアに半馬身まで迫ります。外枠でしたが心配なかったようです。

レースは向正面に差し掛かります。
クライムメジャーやランガディア辺りが中団に待機、その後ろにはタイムトリップの姿も見えます。
結構前に行く馬で固めたつもりなのですが、予想に反して結構中団から後ろに待機する馬が多いようです。
…。
れ、レース展開とか予想が、すべて思っている通りには進まないですよね。
自分に言い聞かせます。

そうこうしているうちに、最後の直線に入ってきました。
四コーナーに差し掛かってメイソンジュニアに並びかけようとするボンセルヴィーソ。
インからスズカゼも並びかけていこうとしている様子が見て取れます。
中団で待機していたクライムメジャーは徐々に進出しようと仕掛けているように見えます。

こうして最後の直線へ、

メイソンジュニアが先頭でそのインにはジョーストリクトリとスズカゼ。
メイソンジュニアの外にはボンセルヴィーソ。
ほぼ横一線で四頭並んでいるように見えます。
気になる差し追い込み組は外から伸びてきているタイムトリップ!
「スタート悪かった」なんて言ってごめんなさい、タイムトリップ。あれは作戦だったんだね!がんばれタイムトリップ。

こうして最後の直線も残り200mを切りました。

ここで先頭はグッと出てきたジョーストリクトリが一馬身ほど前に出てしまいました。
ボンセルヴィーソは伸びきれず、タイムトリップも前を捉えきれていません。

こうしてジョーストリクトリがそのまま先頭でゴール。
二番手がボンセルヴィーソとメイソンジュニアで接戦。
タイムトリップは掲示板といったところでレースを終えていました。

ボンセルヴィーソ、やれると思ったんですが、やはり善戦マン的なキャラクターを覆す走りはできませんでした。
一番人気のクライムメジャーは8着と沈没。
せめてワイド的中の望みを繋いでくれたタイムトリップは見せ場十分でしたが、届かずの5着。インのスズカゼにも競り負けてしまいました。

勝ったのは人気薄、12番人気のジョーストリクトリでした、単勝50倍以上ついてますね。メイソンジュニアも人気薄だったので馬連万馬券はもちろんのこと枠連2-3でも万馬券がついています。もちろん三連複も三連単も高配当。

これはちょっと、馬場にやられたかなぁ。