読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:福島11R-福島民報杯

広告

結構穴馬(と思われる馬)で固めました。ただ当日の人気を見ないと何ともいえませんが。当日人気しちゃったりなんかして。

予想:

◎14番:サンデーウィザード
○4番:バーディーイーグル
▲16番:ステイインシアトル
△8番:トルークマクト
△13番:シャドウパーティー

馬券は:

単勝:14番:サンデーウィザード
複勝:4番:バーディーイーグル
馬連:4-14、14-16、8-14、13-14
ワイド:4-14、4-16、4-8、4-13
三連複:二頭軸流し
   4-14:8、13、16
   14-16:8、13
三連単:14-4-16、14-4-8、14-4-13、14-16-8、14-16-13

考えたこと:

本命はサンデーウィザード、今回が昇級初戦となります。
福島は未勝利戦で勝利して以来久々のコースとなりますが、小倉実績もあるように平坦小回りコースでの実績もいくつも持っていますし、昇級初戦でもこのメンバーなら条件戦連勝の勢いを買ってここでもいい勝負できそうです。左回りも右回りもこなせる器用さもあります。気に掛かるのは斤量55キロ、ちょっと見込まれ過ぎな感じもありますが、同じ昇級初戦のステイインシアトルも同じ55キロを背負っているので、ここは仕方ないところ。前走は小回り小倉の1800m戦でメンバー中最速の上がりタイムで一気に道中10番手から末脚を利かせて快勝、強い競馬でした。ここでも同じような手が通じるかどうかは展開次第なところもありますが、再現あってもイイかなという期待を持たせる馬です。
人気しそうな馬は他にいくらでもいますので、昇級初戦で人気出なさそうなところでこの馬を中心に高配当狙いをしてみることにします。

対抗はバーディーイーグル、この馬もサンデーウィザードと同様に穴目になるはず。
この馬のポイントは三走前の七夕賞、タイムさだけ見ればアルバートドックから1.2秒差の7着と何のセールスポイントもない負けっぷりですが、このレースは抜け出したアルバートドックとダコールが三着以下に三馬身差を付けているレース。その三着以下はハナ差⇒半馬身差⇒半馬身差⇒と接戦をしています。メンバーもオリオンザジャパンやマイネルラクリマ、クリールカイザー、マーティンボロといった重賞やオープン特別で好走する馬たち、これに次いだ7着です。
で、バーディーイーグルの福島コース参戦はこの1戦のみ、このメンバーで7着は力負けという見方もできますが、逆にこのメンツに次ぐ走りが出来たということは「実は福島走る」というような感じがします。直感です。勘です。これ以外の根拠はないです。
ただ少なくともこの七夕賞で一番人気で飛んだシャイニープリンスよりは評価しています。

三番手評価にはステイインシアトル、人気の一角を。
この馬は京都新聞杯で大敗してる以外は堅実に走っています。7着に負けた準オープン下鴨Sも除けばすべて連対している堅実振り、上がりもメンバー中で三本の指に入る上がりタイムを記録していますので、お終いは確実、福島コースは未勝利戦で勝っているコースなので初コースではない、というあたり、昇級初戦から戦えそうな感じはします。前走休養明けで叩き二走目という点も好材料です。素直におさえておきたい人気馬ですね。

おさえの△はかなり迷います。

実力的にはプリンシパルS勝ち馬のアジュールローズあたりも気になるところですが、如何せん1年近く休養して休養明け初戦とあって、それほど走れるか、という点が多少疑問はあります。鉄砲実績もありませんし。結局近走安定のシャイニープリンスも同じような理由です。鉄砲実績がないところで休養明け初戦。うーん狙いづらい。
その点シャドウパーティーは一応鉄砲実績は[0-1-1-5]と連下ならば好走実績はあります。連下のおさえであれば問題ない存在といえます。中山金杯四着でシャイニープリンスとは全く差がない競馬をしていますので実力的にも問題ないだろう、という点はアリに思えます。
あと迷ったのはトルークマクト、前走大阪城S二着馬です。勝ったアストラエンブレムと0.0秒差、その前の重賞二戦は完敗していますが大阪城Sは評価できます。昇級から初好走でオープン特別ならやれそう、という点が評価できます。

ということでちょっと点数が増え気味ですが、△としておさえるのは二頭、トルークマクトとシャドウパーティーにしました。