読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:中山11R-皐月賞

広告

我ながらちょっと偏った予想です。通常は弥生賞組から行くところを今年は特殊な年と勝手な判断をして別路線組を中心で予想を組んでいます。

予想:

◎5番:レイデオロ
○13番:サトノアレス
▲8番:ファンディーナ
△7番:ペルシアンナイト
×1番:マイスタイル(複勝一点買い)

馬券は:

単勝:5番:レイデオロ
複勝:1番:マイスタイル
馬連:5-13、5-8、8-13、5-7、7-13
ワイド:5-13、5-7、7-13
三連複:ボックス
    5、7、8、13
三連単:5-13-8、5-13-7、5-8-7

考えたこと:

本命はレイデオロ、弥生賞を回避してのぶっつけ本番でどうか?というところはありますが、ここを乗り越えてこそ一流への道が開けます。
ソエの影響があって弥生賞を回避、調整過程は順調じゃない、とのことですが、現在無敗であることとホープフルSまでの三連勝があまりにも余裕の圧勝であることを考えると、やはり能力は一枚上と見ざるを得ません。先週は阪神1600mでその能力を如何なく見せつけてきたソウルスターリングがまさかの阪神1600m桜花賞で負けてしまうという事態が発生しましたが、レイデオロも中山2000mで見せつけてきた二戦の真価をここでいかんなく発揮してもらいたいところですね。
レース条件自体は申し分ないのですが、やはりここまでの調整過程で多少の疑問はあります。ただだからこそのこの人気ということで、敢えて順調でないレイデオロを狙ってみたいところです。

対抗はサトノアレス、前走はスプリングSを4着とこの馬にしては大きく負けてしまいました。
ただ前走はスタートで躓いたことで出遅れたロスもありますし、休養明け初戦で仕上がり途上ということもあって、叩いて二走目の上積みも期待できます。ぶっつけのレイデオロと違ってここが一番、と言えるかもしれません。
負けた前走でも上がりはメンバー中最速の35.5秒、とはいえこの35.5秒の上がりはウインブライトとトリコロールブルーと同じ上がりタイムで、位置取りの差がそのまま着順に直結したような格好になっています。スタートさえ順調ならここは十分勝負になりそうです。

三番手はファンディーナ、現在一番人気です。
ここまで圧巻のパフォーマンスを見せつけて三連勝を飾って、四連勝を皐月賞で狙います。確かに新馬戦は二着以下に1.5秒差9馬身差の圧勝や、昇級初戦でフラワーCを0.8秒差5馬身の圧勝、と、このように圧巻のレースばっかりで一番人気なのも頷けるレース振りです。おとなしくおさえておきます。

おさえにはペルシアンナイト。
前走はアーリントンCを強い内容で勝ちました。距離延長も大丈夫と期待したいところですね。
二歳時はアイビーSでソウルスターリングに0.3秒差の二着といった戦歴を持っています。NHKマイルカップに出てきたらかなり人気しそうですしかなり好走しそうな馬ですね。皐月賞の結果次第で日本ダービーにいくでしょうけど。
正直言ってスワーヴリチャードの方が個人的には気になります。ただ、近年の皐月賞馬はザ・中距離馬というよりはマイルでイイ馬、というケースもあります。イスラボニータとかロゴタイプがそうですね。昔で言えばダイワメジャーなんかもそうです。と、いうことでマイル適性のあるペルシアンナイトもあってよさそう、というところがこのおさえになりました。

昨日やった大穴の複勝一点買い、今日はマイスタイルです。逃げ馬がみんな外枠、ファンディーナを除く有力馬がみんな差し馬、ペースがスローになりそう、というところで三着にマイスタイルもしかしたら…?で複勝です。
とはいえ昨日はその複勝は6着馬でしたからね。当たらぬも八卦。

他でも気になるのはカデナ、スワーヴリチャード、アウトライアーズは切りましたが気になります。もし点数に余裕があればおさえでいれておくことをお勧めしたいですね。

出遅れなければスワーヴリチャード、とにかくスタートがカギですね。ただ出遅れ癖が強いイメージ。クセがスゴイ。

アウトライアーズは初勝利から百日草特別でアドマイヤミヤビの三着、ひいらぎ賞勝利(二着ウインブライト)スプリングSはウインブライトの二着、と世代の重賞馬とずーっとやり合ってきたところが気になるところです。実力上位と見れるかもしれません。特に前走こそ負けましたが使い詰めのウインブライトより休養明け初戦で二着したこの馬の方が上にみえますね。叩き二走目の上積みってことです。

カデナはもう言うまでもなく弥生賞馬、ということにつきますね。当然人気しています。ただ良馬場で施行されたのに弥生賞のタイム遅くない?ってのが個人的に微妙に思っています。どスローの犯人はマイスタイルですが。弥生賞のタイムは京成杯より1秒近く遅い、レイデオロが勝ったホープフルSより2秒近く遅い、この辺ちょっとどうなのかなぁという点で弥生賞勝ったとしてもカデナはちょっと予想から外してしまいました。普通に考えればカデナはおさえなきゃいけない一頭であることに異論はありませんが。