読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2017:マイラーズCとガルトマーン未勝利戦

広告

今週の個人的注目は、
読売マイラーズCにエアスピネルが出走、イスラボニータと激突です。
あとはキングズベスト産駒ウイングレットの仔、ガルトマーンが未勝利戦に出走します。

エアスピネルとマイル戦

今年に入ってからマイル戦を主戦場に移してGIの戴冠を狙うエアスピネルに注目です。
今年に入ってから二戦一勝、まずまずの成績を残しています。
前走の東京新聞杯は展開向かなかっただけだよね、と信じたい、ブラックスピネルがハナを切って逃げ切ったレースだし、デムーロJKが上手く乗ったな、という印象は個人的にあります。力勝負で勝ったという感じはしていません。
エアスピネルはまさに世代No.4というべき成績をおさめてきた実力馬ですね。
つまり世代の三強サトノダイヤモンド、マカヒキ、ディーマジェスティというクラシックホース三頭に次ぐ、四番手という存在、といえます。
皐月賞&ダービーは連続四着、マカヒキが出走しなかった菊花賞は三着、と世代三強の後ろに控えめにかつ堅実に掲示板を確保するしっかりした優等生タイプです。菊花賞二着のレインボーラインよりはエアスピネルの方が世代No.4にふさわしいような感じはします。
さてそのエアスピネル、皐月賞馬イスラボニータとの対決になります。イスラボニータも近走はとても安定しています。元々大敗が少ない超安定派ですね。この馬皐月賞勝った時には個人的にはそれほど強いイメージ無かったんですけど、最近ようやくこの馬は強いんだなぁ…と思い始めてきました。二歳から春のクラシックシーズンまではいつも僅差で勝っていたというのがあって「やっと勝っている」「何とか勝てた」イメージだったんですよね。古馬に入ってからまったく勝利から見放されているけど、GIも含め三戦連続二着、ここらで一発あるかもしれませんね。

安田記念に向けてエアスピネルは注目です。

ガルトマーン

22日京都4R三歳未勝利戦に出走予定です。
前走新馬戦で8着に敗退してしまいました。どちらかといえば着差が問題でして、勝ち馬から2.6秒差、という大差で負けています。
ただ前走のレースとしては割と前に行った行ったで決まったような展開のレースなので、後方待機していたガルトマーンにとっては厳しいレースになってしまった感はあります。実際後方待機組で最先着は7着のトコシエ、これに続いてガルトマーン、となっています。後方待機組で言えば二番手と考えることもできます。
なにせハナを切ったエンパイアガールがそのまま逃げ切って、二番手で進めたマルカノカガヤキが二着、というまさに行った行ったのレース、しかも上がり三ハロンのタイムだけを見てみるとマルカノカガヤキが最速で37.6秒、その0.1秒差となる37.7秒で勝ったエンパイアガールが二番目の上がり三ハロンのタイムを記録しています。ハナと二番手の馬が上がり三ハロンのタイムもメンバー中最速だと捉えきれるわけありませんね。そういった意味でちょっと特殊なレース内容だったんじゃないか、と考えています。

仕切り直しの一戦、ここはちょっと注目したいところです。