読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:東京11R-青葉賞

広告

気になったけどベストアプローチとイブキは切って四頭での勝負です。
重賞で力を見せたトリコロールブルーを中心に、前走2400m戦で勝ちあがってきた馬をおさえていく、という予想です

予想:

◎11番:トリコロールブルー
○5番:ダノンキングダム
▲4番:ポポカテペトル
△10番:アドミラブル

馬券は:

単勝:11番:トリコロールブルー
馬連:5-11、4-11、10-11、4-5
ワイド:5-11、4-11、5-10、4-10
三連複:ボックス
   4、5、10、11
三連単:11-5-4、11-5-10、11-4-10、11-10-5、11-10-4

考えたこと:

本命は人気どころのトリコロールブルー、前走スプリングS五着で昇級後に通用するかどうかという点の不安はほぼ払拭されたように思います。
勝ち馬からは0.3秒差、四着だったGI馬サトノアレスとクビ差、上がりタイムは勝ち馬と同じ35.5秒とメンバー中最速タイ、と好条件が揃った中での五着、外々回っていましたし振り返りでも書いていましたが位置取りの差が出てしまっただけのように見える順位です。十分重賞で通用する実力を備えているところを見せつけました。
個人的に注目している良績としてはタガノアシュラの二着に入った黄菊賞です。このとき完全にハナを切ったタガノアシュラのペースでレースが進み、逃げ込みを図ったタガノアシュラにメンバー中最速の上がりタイムを叩き出して唯一迫ったのがトリコロールブルーです。このときから実力はオープンクラスと目していました。
東京コースはフリージア賞で快勝したコースですし、ここは十分やれそうな気配を見せています。

これ以降は、前走2400mを勝ちあがってきた馬を並べただけ、みたいになってしまいました。

対抗はダノンキングダムにします。ちょっと穴目。
三戦して二勝が左回り、というサウスポーと思しき良績を残しています。前走の条件戦が東京2400mというのも一つのポイント。重賞やオープンで頭打ちになっているような馬よりは三戦二勝の未知なる魅力を感じるダノンキングダムのような馬の方が魅力ありますね。負けたのは右回りの福寿草特別だけですし左回り無敗のこの馬がダービーの切符をアッサリというシーンもありそうに思えます。

次点の三番手にはポポカテペトルをおさえます。
この馬のダノンキングダムと同様前走で2400mの条件戦を勝利しての青葉賞挑戦、となります。その前の二走はあまり走っていないように見えますが、前走は400mの距離延長でいきなりアッサリ勝利。この距離ならと思わせるところはあります。
コースはさておき距離はこの馬に合ってそうに思えます。

人気ですがアドミラブルもおさえます。
この馬もここまでの二頭と同様に前走500万下の2400mを勝利してここに駒を進めてきました。前走強かったから当然ですが人気を集めそうです。
アザレア賞で二着に破ったアドマイヤロブソンは次走のあずさ賞を勝利し早々にオープンに上がっているところから見てもアドミラブルのアザレア賞のレベルは高かったように思えます。

切りましたが、できればベストアプローチとイブキもおさえたいところです。点数が増えすぎるので私は諦めますが、検討の際にはこの二頭も警戒したほうがいいと思います。